喫茶店を開業するために必要なステップとは?夢を叶えるために始めるべきこと

昔ながらの喫茶店

「自分だけの喫茶店を開業したい!」という夢を持つ人はたくさんいますが、その実現には多くのステップが必要です。

この記事では、喫茶店を開業するために必要な手続きや準備について紹介します。

サシェ

夢を実現するためには、最初にこの記事で紹介するステップから始めましょう。

目次

喫茶店を開業したい!実現するために必要なこと

喫茶店開業までの道のり

喫茶店開業を実現するために必要なことは、主に次の6つです。

  • 開業資金の準備
  • 開業に必要な許認可や手続きの確認
  • メニューやコンセプトの決定
  • 人材の確保
  • マーケティング戦略の策定
  • 経営計画の策定

それぞれ簡単に紹介します。

開業資金の準備

喫茶店を開業するためには、必要な設備や備品を購入するための費用や、家賃や光熱費、そしてスタッフの給料など、様々な経費が必要です。

したがって、開業資金をしっかり計画し、適切な準備を行うことが重要です。

事前に開業に必要な経費を正確に把握し、適切な予算を用意しておくことが、成功に向けた大切なステップとなります。

開業に必要な許認可や手続きの確認

喫茶店を開業するには、営業許可や衛生管理などの諸手続きが必要です。

しかしながら、これらの手続きについては、地域によって異なる場合があります。

そのため、喫茶店を開業する前に、あらかじめ地域の規則や条例を確認しておくことが非常に重要です。

メニューやコンセプトの決定

喫茶店を開業するにあたり、成功するためには、提供するメニューや店のコンセプトを決めることが非常に重要です。

サシェ

周囲の競合店やターゲット層を考慮しつつ、差別化できるようなメニューやコンセプトを設定しましょう。

このようにして、自分の店を他と差別化することで、成功への可能性を高めることができます。

人材の確保

喫茶店を経営するには、オーナー自身だけでなく、スタッフの存在が欠かせません。

スタッフ募集や採用方法、研修計画などを適切に考え、適任者を確保することが重要です。

これにより、お客様に良質なサービスを提供し、喫茶店の成功につなげることができます。

マーケティング戦略の策定

競合が激しい飲食業界において、喫茶店を成功させるためには、適切なマーケティング戦略を取ることが必要です。

戦略要素具体的な手法期間目的
店舗PRフライヤー配布1ヶ月地域内認知度向上
イベント開催3ヶ月顧客獲得
広告新聞広告2週間年齢層50以上の顧客獲得
SNSInstagram投稿持続若年層の顧客獲得

効果的なマーケティング戦略には、店舗PRや広告、SNSを利用することが含まれます。

これらの手法をうまく活用し、競合店よりも魅力的で差別化されたサービスや商品を提供することが、喫茶店の成功につながります。

経営計画の策定

喫茶店を開業する際には、長期的な経営計画の策定が欠かせません。

具体的には、売上目標や利益目標を明確に設定し、財務面や経営戦略の見直しを行うことで、健全な経営を実現することができます。

経営計画を立てることで、将来的な経営の方向性を明確にすることができるため、開業前にしっかりと準備をすることが大切です。

喫茶店開業資金はどのくらい必要?

喫茶店の開業資金

喫茶店の開業資金は、店舗の場所や規模、内装や設備の充実度などによって異なります。

一般的には、以下のような費用が必要となります。

費用項目一般的な範囲備考
物件関連費用30万〜100万家賃、敷金、保証金。立地条件による
内装費用50万〜200万DIYの場合は低く、プロに依頼すると高くなる
機器・備品費用20万〜100万エスプレッソマシン、食器など
食材・原材料費用10万〜30万初期投資として。仕入先との取引条件による
人件費用20万〜50万従業員の給与、保険料など
開業前の準備費用50万〜200万法規制の手続き、営業許可証の取得費用など
合計135万〜500万高級店舗の場合は1,000万円以上が必要な場合も
※具体的な計画に応じて変動
  • 物件関連費用
    家賃、敷金、保証金がかかります。費用は、物件の立地条件、広さ、場所によって異なります。
  • 内装費用
    内装や家具、照明、キッチンなどの設備は自分で用意する必要があります。自分でDIYできる場合は費用を抑えられるかもしれませんが、プロに依頼するとかなり高額になります。
  • 機器・備品費用
    エスプレッソマシン、コーヒーメーカー、ミキサー、食器が必要です。紙コップ、ストロー、ティッシュペーパーも必要な備品です。
  • 食材・原材料費用
    食品・原材料は店舗ごとに適切な数量が必要です。これは仕入先との取引条件によって異なりますが、初期投資費用の一部として検討する必要があります。
  • 人件費用
    従業員の給与や保険料、社会保険や労働保険の手続き料などの費用が発生します。初期段階ではオーナーが自ら働くこともありますが、従業員を雇う場合は必要経費として考えておく必要があります。
  • 開業前の準備費用
    これには、法規制の手続き、営業許可証の取得、設立手続きなどにかかる費用が含まれます。

これらの費用は、開業にかかる期間や地域によっても異なりますが、平均的な喫茶店の開業資金は、200万円から500万円程度とされています。

ただし、一部の高級店舗では、1000万円を超えるような高額な開業資金が必要となる場合もあります。

喫茶店開業に必要な資金の準備方法

喫茶店を開業するには、多額の資金が必要です。資金の準備方法はいくつかありますが、一般的な方法を3つ挙げます。

  • 自己資金での資金調達
  • 融資による資金調達
  • 資本調達

自己資金での資金調達

喫茶店を開業する際には、自己資金を活用する方法があります。

つまり、自分自身で貯めたお金を利用して開業資金を調達することです。

自己資金を活用することで、融資を受ける必要がないため、返済の負担が軽減されるだけでなく、経営における自己資本比率を高く維持することができます。

融資による資金調達

喫茶店を開業する際に、資金調達の方法の一つとして銀行や信用金庫、助成金からの融資を利用することができます。

サシェ

融資を受ける場合は、開業計画書や財務諸表などの書類が必要になります。

これらの書類を提出することで、融資の審査が行われ、審査に合格すれば必要な資金を調達することができます。

融資を利用することで、自己資金を減らすことなく開業資金を調達することができます。

選択肢特徴詳細
①自己資金最重要、融資を受ける際の審査対象にもなる詳細を見る
②日本政策金融公庫・新創業融資制度
・中小企業経営力強化資金
詳細を見る
③自治体の制度融資自治体が民間金融機関や信用保証協会として行う融資詳細を見る
④補助金・助成金条件が合致すれば交付される詳細を見る
⑤民間金融機関審査が厳しい詳細を見る
⑥クラウドファンディング支援者に商品やサービスをリターンできるなら検討詳細を見る
⑦親族・知人等からの借入贈与税がかかる可能性詳細を見る
参考:カフェ開業を成功させる秘訣とは?

資本調達

資本調達とは、自己資本と融資を併用して、事業に必要な資金を調達する方法のことです。

この方法では、自己資本を元手に株式や社債を発行し、投資家から資金を調達することができます。

投資家は株主や社債保有者として、事業に対する出資を行います。

この方法は、融資に比べて返済条件が緩やかであることが多く、投資家とのパートナーシップ形成にもつながるため、資金調達の一つの手段として選ばれることがあります。

これらの方法を組み合わせることも可能ですが、いずれの方法を選択するにしても、資金調達のために十分な計画を立て、必要な書類を揃えることが重要です。

喫茶店開業に必要な資格とは?

喫茶店開業に必要な資格

喫茶店経営に関する法律や規制の遵守

カテゴリ必要な資格・スキル重要性・目的取得方法・習得手段
法律・規制の遵守営業許可、アルコール提供免許営業を合法的に行い、顧客の安全を確保するため各都道府県の公共機関で申請
騒音・匂い規制の確認地域社会との良好な関係を維持するため地方自治体の条例を確認
調理・接客スキル食品衛生管理知識食中毒や衛生面でのトラブルを未然に防ぐため衛生管理者研修、書籍、オンラインコース
接客スキル、コミュニケーション能力顧客満足度を高め、リピート客を増やすため接客研修、実務経験
起業に関する知識・経験ビジネスプラン作成能力資金調達や経営戦略を明確にするため起業家向けセミナー、書籍
経営戦略の立案能力長期的な成功と成長を目指すためMBAプログラム、ビジネスコンサルティング

喫茶店開業に必要な資格は、法律上の義務として必要とされるものはありませんが、喫茶店経営に関する法律や規制を遵守する必要があります。

具体的には、食品衛生法に基づく営業許可を取得することや、アルコール提供(※アルコールを提供する場合は喫茶店ではなくカフェの許可)に関する免許を取得することが必要になります。

また、地域の条例によっては、騒音や匂いの規制などがある場合があります。

調理や接客に必要なスキルや知識の習得

さらに、喫茶店で行われる調理や接客に必要な技術や知識を身につけることも重要です。

サシェ

食品の調理や衛生管理に関する知識を持つことは、食中毒や衛生面でのトラブルを未然に防ぐために不可欠です。

また、接客に関するスキルやコミュニケーション能力を身につけることで、お客様に満足してもらえるサービスを提供することができます。

起業に関する知識や経験の習得

さらに、起業に関する知識や経験を身につけることも、喫茶店開業に役立ちます。

起業家として成功するためには、ビジネスプランの作成や資金調達、経営戦略の立案など、起業に関する知識や経験が必要です。

これらのスキルを身につけるためには、起業家向けのセミナーや研修に参加することが有効です。

資格やスキルの多様性

なお、上記の資格やスキルは、必ずしもすべてを持っている必要はありません。

喫茶店開業に必要な資格やスキルは、喫茶店の業態や規模によって異なる場合があります。

しかし、喫茶店を開業する前に、関連する法律や規制、業界のトレンドや成功事例などについて、できるだけ多くの情報を収集し、自己啓発に努めることが重要です。

喫茶店開業は未経験でも可能?注意すべきポイント

喫茶店開業 未経験

喫茶店開業は未経験でも可能ですが、成功するためにはいくつかのポイントに注意する必要があります。

資金面

喫茶店を開業するには、多くの資金が必要です。

事前に細かく資金計画を立て、開業資金を確保することが重要です。

開業後も、経費や販売管理費用などをきちんと把握し、計画的に営業を行うことが必要です。

場所選び

喫茶店を開業する際には、場所選びが非常に重要です。

できるだけ人通りの多い場所や駅から近い場所を選ぶとよいですが、そのような場所の家賃や敷金は高額になることがあります。

また、周辺環境や競合店の有無も、開業する前に考慮する必要があります。

メニュー開発

喫茶店には、この店の強みとなるメニューが必要です。

サシェ

他店との差別化を図り、お客様に新しい体験を提供することが重要です。

また、メニュー開発には、食材の選定や調理法の確立、コスト管理など、専門的な知識が必要となります。

そのため、あらかじめ勉強しておくことが望ましいです。

スタッフ採用

喫茶店には、接客や調理のスキルを持ったスタッフが必要です。

スタッフ採用に際しては、人物面やスキルに加え、働きやすい環境を提供したり、研修プログラムを実施するなど、従業員に対して十分に配慮することが求められます。

喫茶店経営においては、スタッフの能力ややる気が高い程、お客様に良い印象を与え、喫茶店の魅力を高めることができます。

顧客管理

喫茶店においては、顧客満足度向上のためにサービスの質を向上させることが重要です。

丁寧な接客や店内清掃、メニューの改善など、顧客満足度を高めるための取り組みを行う必要があります。

顧客管理には力を入れることが大切で、定期的なアンケート調査や顧客とのコミュニケーションを通じて、顧客のニーズや要望を把握し、それに合ったサービスを提供することが必要です。

カテゴリ注意すべきポイント説明・対策参考資料・リソース
資金面資金計画の精緻化開業資金だけでなく、運転資金も考慮に入れる。月々の経費や緊急時の資金も計画に含める。資金計画書、会計ソフト
場所選び立地条件の分析人通り、交通アクセス、競合店の有無を調査。高額な家賃や敷金は初期費用として計画に含める。市場調査、地域データ
メニュー開発差別化とコスト管理他店と差別化できるメニューを開発。食材のコストや調理時間も考慮に入れる。メニュー開発ガイド、食材仕入れ先
スタッフ採用研修プログラムと働きやすい環境採用時にスキルだけでなく人物面も評価。研修プログラムを用意し、働きやすい環境を作る。採用ガイド、研修マニュアル
顧客管理顧客満足度向上の取り組み顧客のニーズや要望を把握し、サービスを改善。定期的なアンケートやフィードバックの収集が有効。顧客管理ソフト、アンケートツール

喫茶店開業のノウハウと成功の秘訣

喫茶店開業成功の秘訣

喫茶店開業のノウハウと成功の秘訣は以下の通りです。

  • 開業前の準備を徹底する
  • 顧客ニーズに合ったメニューやサービスを提供する
  • 接客サービスを向上させる
  • 店内の清潔感を維持する
  • 地域とのコミュニケーションを大切にする
  • 経営状況を常に把握する
  • セールスプロモーションを活用する

開業前の準備を徹底する

喫茶店開業に際しては、しっかりとしたビジネスプランを作成することが重要です。

ビジネスプランには、開業費用の見積もりや運営費用、集客戦略、経営計画などが含まれます。

また、市場調査を行い、どのようなターゲット層に向けた喫茶店を開業するかを検討し、独自性のあるコンセプトを立てることも大切です。

さらに、開業に必要な許可や手続きについても把握しておく必要があります。

食品衛生法に基づく営業許可や、アルコール提供に関する免許などが必要になる他、地域によっては建築基準法や消防法に基づく許可も必要となる場合があります。

店舗のレイアウトや内装についても、おしゃれで居心地の良い空間を作ることが求められます。

また、設備や備品の選定についても慎重に行い、必要なものを揃えることが重要です。

項目説明重要度(1~5)
ビジネスプラン開業費用、運営費用、集客戦略、経営計画などを詳細に記載する。5
市場調査ターゲット層や競合店を調査し、独自のコンセプトを立案する。5
許可・手続き食品衛生法やアルコール提供、建築基準法などに基づく必要な許可を取得する。5
店舗レイアウトおしゃれで居心地の良い店内を作る。4
設備・備品選定必要な設備や備品を慎重に選び、揃える。4

顧客ニーズに合ったメニューやサービスを提供する

喫茶店は、提供するメニューやサービスによって差別化を図ることができます。

例えば、コーヒーや紅茶の種類や抽出方法、スイーツや軽食の種類や味わい、店内の雰囲気やデザイン、音楽や雑誌のセレクションなど、様々な要素が顧客のニーズに合わせてカスタマイズ可能です。

サシェ

顧客に対して提供するメニューやサービスは、喫茶店の特徴やブランドイメージを形成する上で非常に重要です。

顧客が求めるものに合わせて、多様なメニューやサービスを提供することが必要です。

また、季節やトレンドに合わせたメニューの提供や、イベントなどの企画・実施によって、顧客に新たな楽しみを提供することも重要です。

さらに、提供するメニューやサービスを継続的に改善することで、顧客に満足してもらうことができます。

顧客からのフィードバックやアンケートを収集し、改善点を把握することが必要です。

また、競合他社の情報収集や、業界トレンドの把握も重要です。これらの取り組みによって、顧客ニーズに応えることができ、リピート率の向上につながります。

項目説明重要度(1~5)
メニュー開発コーヒーや紅茶、スイーツなどの種類と品質を工夫する。5
店内雰囲気音楽、照明、装飾などで店内の雰囲気を整える。4
季節・トレンド対応季節や流行に合わせたメニューやイベントを企画する。4
フィードバック収集顧客からの意見やアンケートを収集し、サービス改善に活かす。5

接客サービスを向上させる

接客

喫茶店において、お客様に対する丁寧な接客や親切なサービスを提供することは、お客様の満足度を高めるために非常に重要です。

接客サービスにおいては、お客様が店内に入店した瞬間から、店を出るまでの全ての接点において、お客様にとって心地よい時間を過ごしていただけるように、従業員が全力でサポートすることが求められます。

従業員の接客スキルを向上させるためには、研修やトレーニングが有効です。

接客に必要なスキルやマナー、コミュニケーション能力、お客様とのコミュニケーションにおいて適切なタイミングや距離感の取り方、身だしなみや言葉遣いなど、接客に必要な全ての要素を従業員に教育することで、接客スキルを向上させることができます。

項目説明重要度(1~5)
研修・トレーニング従業員に接客スキルやマナーを教育する。5
タイミングと距離感お客様とのコミュニケーションにおいて適切なタイミングと距離感を保つ。4
身だしなみ従業員の身だしなみや言葉遣いに注意を払う。4

店内の清潔感を維持する

喫茶店は、お客様がくつろぎ、リラックスできる空間を提供することが求められます。

そのため、店内の清潔感は非常に重要です。

サシェ

清潔感がない店内では、お客様が快適に過ごすことができず、リピート率も下がってしまいます。

店内の清潔感を維持するためには、定期的な清掃やメンテナンスが必要です。

具体的には、床やテーブル、イスなどの表面の掃除や拭き取り、トイレや洗面所の清掃、換気扇の掃除などが挙げられます。

また、食器やカップ類の洗浄や消毒も、清潔感を保つために欠かせません。

さらに、清潔感を保つためには、スタッフの衛生管理も大切です。

スタッフは、食品の取り扱いや調理、接客などを担当するため、衛生面についての知識や意識を高める必要があります。

手洗いやうがい、マスクの着用、清潔な調理器具の使用など、基本的な衛生管理を徹底することが必要です。

項目説明重要度(1~5)
店内清掃床、テーブル、イスなどの定期的な清掃を行う。5
衛生管理食器やカップの洗浄、消毒を徹底する。5
スタッフ衛生手洗い、うがい、マスク着用など基本的な衛生管理を徹底する。5

地域とのコミュニケーションを大切にする

カフェが地域のイベントに参加した際の写真

喫茶店が地域とのつながりを大切にすることは、店舗の集客や地域住民からの支持を得るために非常に重要です。

具体的には、以下のような取り組みが挙げられます。

まず、地域のイベントに積極的に参加することが挙げられます。地域のイベントに出店することで、地域住民からの注目を集めることができます。

地域のイベントに協賛することも効果的で、地域の祭りやスポーツ大会などに協賛することで、地域住民からの信頼を得ることができます。

次に、地域の自治会や商工会議所などに参加することも有効です。

地域のイベントに参加するだけでなく、地域の組織に積極的に参加することで、地域のニーズや課題を理解し、その解決に向けた取り組みを行うことができます。

サシェ

地域の情報を発信することも重要です。

例えば、地域の観光情報やイベント情報を店内に掲示することで、地域住民からの信頼を得ることができます。

また、地域の特産品をメニューに取り入れることで、地域住民からの支持を得ることができます。

以上のように、喫茶店が地域とのつながりを大切にすることは、地域住民からの支持を得るために非常に重要です。

地域とのコミュニケーションを深めることで、集客や顧客管理の効果を高めることができます。

項目説明重要度(1~5)
地域イベント参加地域のイベントに積極的に参加または協賛する。4
地域組織参加地域の自治会や商工会議所に参加し、地域のニーズを把握する。4
地域情報発信地域の観光情報やイベント情報を店内で提供する。3

経営状況を常に把握する

喫茶店経営においては、収支の把握が非常に重要です。

毎日の売り上げや支出、固定費や変動費などをきちんと管理し、収支バランスを把握することが必要です。

また、顧客の傾向や要望を把握することも重要です。

例えば、来店時間帯や人数、メニューの好みなどを把握することで、営業戦略を立てることができます。

項目説明重要度(1~5)
収支管理売上、支出、固定費、変動費などをきちんと把握する。5
顧客傾向分析来店時間帯、人数、メニューの好みなどを把握し、営業戦略に反映する。5

セールスプロモーションを活用する

喫茶店を成功させるために、セールスプロモーションを活用することが有効です。

以下は、その具体的な活用方法です。

  • イベントの開催
    イベントを開催することは、新規顧客の獲得やリピーターの増加につながります。例えば、季節の特別なスイーツの提供、音楽イベント、カフェでのワークショップなどです。
  • クーポンや割引券の配布
    クーポンや割引券を配布することで、新規顧客の獲得やリピーターの増加につなげることができます。例えば、SNSでクーポンを配信したり、ランチタイムに限定割引を実施したりすることが挙げられます。
  • ポイントカードの導入
    ポイントカードを導入することで、リピーターを増やすことができます。例えば、10回来店するごとにドリンクを1杯無料にするなどの方法があります。
  • SNSを活用したキャンペーン
    SNSを活用したキャンペーンは、SNSを通じたクチコミ効果やフォロワー数の増加などにつながります。例えば、Instagramに投稿した写真を店内で見せると、ドリンクが1杯無料になるキャンペーンを実施することができます。

これらのセールスプロモーションをうまく活用することで、喫茶店の集客や売り上げアップにつなげることができます。

項目説明重要度(1~5)
イベント開催季節や特別な日に合わせたイベントを企画する。4
クーポン・割引券新規顧客獲得やリピーター増加のためにクーポンや割引券を提供する。4
ポイントカードリピート顧客を増やすためにポイントカードを導入する。3
SNSキャンペーンSNSを活用して店舗の知名度を上げる。4

まとめ:喫茶店開業前にしておくべき準備とは?

喫茶店開業まとめ

喫茶店開業前には、ビジネスプランの策定と資金調達、法的手続きや許認可の取得、物件探しや内装の設計など、様々な準備が必要です。

また、業界のトレンドや成功事例の調査、スキルや知識の習得なども重要です。

サシェ

事前の準備がしっかりとできることで、開業後のスムーズな経営や成長に繋がります。

コメント

コメントする


The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次