カフェ経営の重要な集客ついて

カフェの集客について

カフェを開業する場合、最初に直面するる壁は集客です。集客がなければ、カフェを運営することは難しく、経営が困難となり、最終的には閉店に追い込まれます。

そのくらいカフェにとって集客は大事で、テレビでの新店舗のオープンの舞台裏では、集客に躍起となる場面がよく見受けられます。

目次

集客の難しいカフェの特徴

イタリアンレストランなどのカフェは、特に集客が難しく、お店の立地条件がよくないと、集客はおぼつきません。

商店街というよりも住宅街の場合、カフェの集客は困難で、人通り自体が少ないと最悪の事態になります。

サシェ

カフェで集客を考えるなら、最初に、オープンに向けてチラシを配ったりして、準備万端にしないといけません。

集客を安易に考えていると失敗する

ただ、そうした配慮をしてカフェのオープンの日を迎えたとしても、待てど暮らせどお客さんがやってこないことがよくあります。

カフェの経営というのは、実際難しく、うまく集客を図っていかないと、まったくお客様がやってこないという事態に陥ります。

慌ててお店の前でチラシなどを配って宣伝をはじめたとしても、カフェにはお客はやってきません。食事場所を決めかねていた二人組みがやっとお店に入ってくるぐらいで、それではカフェの経営はなりたちません。

カフェをオープンすると最初の頃は物珍しさで、お店の前を通る人が足をとめて来店してくれますが、長くは続きません。結局、売上は想定していた売上に到底及ばないものになり、数か月後には、カフェを閉めることを余儀なくされます。

事前に対策を練っておく

こうしたケースはよくあり、オープン以来ほとんど集客がなく、オープンから数ヶ月で閉店するカフェはたくさんあります。

カフェの集客は、事前にしっかり対策を練っておかないと、せっかく夢を実現しても、後の祭りになってしまいます。

せっかく自分のお店を持ったのに、カフェを手放さなくてはいけないのは、とても悲しいことです。

味がよければ客はくるではダメ

飲食店という商売は、簡単というイメージがあり、集客を考えずに、カフェを見切り発車する人も少なくありません。

安易にカフェを開業して、味がよければ客はくると、タカをくくる人も多くいらっしゃいます。

そういう考えを持ってカフェを始めると、たいていは失敗するもので、集客が疎かになっています。

カフェの集客力をアップさせる方法

カフェの集客方法

自分の店の集客力を上げることは、経営者なら常に考えている問題です。

サシェ

どのようにすれば、カフェの集客料を高めることができるのでしょうか。

これにはいくつかの方法がありますが、まず重要なものとしてて「宣伝」が挙げられます。チラシや雑誌などに広告を出して、新規顧客の開拓を狙いましょう。

カフェを宣伝して新規顧客の開拓する

宣伝は利益確保のために欠かせない戦略です。経営計画のときに、あらかじめ宣伝費を用意しておくと、集客力アップのための行動が取りやすくなります。

広告を掲載する雑誌は、地域の広報誌がおすすめです。カフェの宣伝が載ったその日から来客が増えるというケースも珍しくありません。

流行が気になる若い女性を対象にした情報誌も、狙い目です。マスコミに取り上げてもらえば非常に大きな宣伝になります。

テレビや新聞にイチオシのカフェとして取材を受ければ大きな話題になり、お客さんがどんどん集まります。

そうなれば、人気カフェの仲間入りも夢ではありませんね。

それでも客足が伸びない時は

けれど、どんなに宣伝しても客足が伸びない場合もあります。そのときには、なぜお客さんが増えないのか、原因を追求しましょう。

高い宣伝費をかけているのですから、確実に集客を上げるために、経営に何か問題がないか改めて考えてみましょう。基本的なことを見落としていたのが原因だったというケースが、意外と多いものです。

宣伝の重要性は言うまでもありませんが、カフェ経営の基本に立ち返ることもそれと同じくらい大切です。

サシェ

常に経営改善を務めるのも、集客を高めるための基本的な方法なのです。

目次
閉じる