カフェインレスコーヒー(デカフェ)とは

カフェインレスコーヒー(デカフェ)というものを、ご存知でしょうか。

カフェインは、適度に摂取すれば眠気覚ましや集中力の向上にも繋がります。

しかし妊婦にカフェインは良くないとは常識のように語られているため、代わりにカフェインレスコーヒーを飲む事があります。

カフェインを摂取する事が目的ではなく、コーヒーを楽しむ事が目的のためにカフェインレスコーヒーは存在していると言えます。

日常的にコーヒーを摂取する方の中にも、できればカフェインレスコーヒーでカフェインを抜きたいという方がいるかもしれません。

日本ではまだ馴染みがないかもしれませんが、これからカフェインレスコーヒーのニーズが高まってくる可能性は十分にあるでしょう。

カフェインレスコーヒーは、はじめからカフェインが入っていない訳ではありません。

様々な方法によって、コーヒー豆からカフェインを取り除きます。

目次

カフェインレスコーヒーの作製法

カフェインレスコーヒーをつくるにあたって、最も単純な方法はウォータープロセスでしょうか。

コーヒー豆を水に浸す事でカフェインを抜くのですが、そのままカフェインレスコーヒーを作ると風味まで飛んでしまいます。

他には液体二酸化炭素を使った方法や、エチルアセテートを利用したカフェインレスコーヒー精製法があります。

自分で作る機会はそうないと思いますが、カフェインレスコーヒーを飲む時に思い出してみるのも悪くないでしょう。

ちなみにカフェインレスコーヒーという呼称について、特に日本ではデカフェとして扱われる事があります。

本来はカフェインレスコーヒーに限らずカフェインを含む飲料からカフェインを取り除けば、それらはデカフェとして扱われます。

カフェインレスコーヒーが広まっていけば、これまで様々な理由からカフェイン摂取を避けてきた方でも気軽にコーヒーを楽しめるようになるでしょう。

コーヒーは飲みたいけどカフェインが苦手で、という方は少なくないと思われます。

因みにコーヒー以外に煎茶や紅茶にもカフェインは含まれていますが、含有量的にカフェインレスコーヒーほど神経質になる必要はないかもしれません。

カフェインはコーヒー豆に含まれるため、現状では取り除くのが唯一の手段です。

しかし今後、はじめからカフェインを含まないコーヒー豆の栽培が可能になればより自然な形でカフェインレスコーヒーを楽しめるようになるでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる