飲食店経営者の年収とは?FC・チェーン店の店長は儲かる?

飲食店経営者の年収はいくら?

一般的に、小規模の飲食店では年収1000万円以下で、飲食店経営者の平均年収は約500万円前後だと言われています。出典

目次

飲食店経営者の平均年収

給与

飲食店経営者の年収は、店舗の規模や立地条件、経営者のスキルや経験、労働時間などによって大きく異なります。

他業種従事者との年収比較

飲食店経営者の年収を、国税庁のデータに基づく他業種従事者の平均年収と比較すると、どのような位置にあるのでしょうか。

以下のグラフでは、飲食店経営者と他業種の年収を一覧できます。

飲食店経営 年収
国税庁のデータを基に作成

年収は人それぞれ、職種によっても異なります。国税庁によるとサラリーマンの平均年収は467万円となっています。

地域や業態別の年収の違い

また、飲食店という同業種内でも以下の条件などで差異は発生します。

都市部と地方

都市部、特に大都市圏では、集客力が高く、売上が上がりやすい反面、競合店が多く、家賃や人件費などの経営コストも高くなる傾向があります。

一方、地方では経営コストは抑えられるものの、集客数が限られるため、収益の最大化が求められます。

業態別

例えば、ファミリーレストランやファーストフード、居酒屋などの業態によっても年収には大きな違いが見られます。

高級レストランの経営者は、一人当たりの単価が高いため、高い年収を得ることが可能ですが、同時にサービスや品質の維持にも努力が必要です。

サシェ

飲食店経営者としての年収は、多くの要因によって左右されるため、一概には言えません。

しかし、正確な情報を持ち、適切な経営戦略を立てることで、より良い結果を得ることができます。

年収を左右する要因

年収を大きく左右する3つの要因

飲食店経営者の年収は、一つの要因だけでなく、複数の要因が組み合わさって決まります。

ここでは、年収に大きな影響を与える主要な要因を詳しく解説します。

店舗数や規模

飲食店経営者の年収は、経営している店舗の数やその規模に大きく影響されます。

一つの小規模な店舗を経営する場合と、複数の大規模な店舗をチェーン展開している場合では、売上や利益が大きく異なることが考えられます。

特に、複数店舗を効率よく運営することで、スケールメリットを享受し、年収を大きく伸ばすことが可能です。

立地条件

店舗の立地は、飲食店経営において非常に重要な要因の一つです。

駅前や商業施設内などの人通りが多い場所に店舗を構えることで、集客数を増やすことができます。

一方、家賃や人件費が高くなるため、利益率を維持するための工夫が求められます。

逆に、人通りが少ない場所では、独自のサービスやメニューでリピーターを増やす戦略が必要となります。

メニューやサービスの特色

飲食店経営において、他店との差別化は非常に重要です。

サシェ

独自のメニューやサービスを提供することで、顧客の心をつかみ、リピート率を上げることができます。

例えば、地元の食材を使用したオリジナルメニューや、季節限定の特別メニューなどは、顧客の興味を引きつける要因となります。

また、良質なサービスや店内の雰囲気作りも、顧客満足度を高め、結果的に年収向上に寄与します。

年収を大きく左右する3つの要因
  • 店舗の規模と数
  • 立地条件の選択
  • メニューやサービスの独自性

飲食店業界の動向

Uber Eats

飲食店経営者の年収は、業界全体の動向やトレンドにも影響されます。

近年の飲食業界は、多様なビジネスモデルや新しいトレンドが登場しており、経営者としての戦略や取り組みが求められています。

このセクションでは、飲食業界の現状とそのトレンドについて詳しく探っていきます。

飲食業界の現状とトレンド

飲食業界は、消費者のニーズやライフスタイルの変化、技術の進化などによって、常に変動しています。

経営者としては、これらの変化を捉え、柔軟に対応することが求められます。

業界の成長率

近年の飲食業界の成長率は、経済の状況や消費者の支出傾向によって変動しています。

特に、健康志向や地産地消のトレンドが強まる中、健康的なメニューや地元の食材を活用した店舗が注目を浴びています。

一方で、外食産業全体としては、人手不足や原材料費の上昇などの課題も抱えており、経営の難しさも増しています。

新しいビジネスモデルやトレンド

飲食業界の注目トレンド
  • テイクアウト・デリバリーの普及
  • バーチャル飲食店の登場
  • サブスクリプションモデルの導入
テイクアウト・デリバリー

新型コロナウイルスの影響を受け、テイクアウトやデリバリーの需要が急増しています。

多くの店舗がこの新しいビジネスモデルを取り入れ、新たな収益源としています。

バーチャル飲食店

オンライン上での飲食体験を提供するバーチャル飲食店も登場しています。

実店舗を持たないことで、初期投資を抑えることができるため、新しい経営者にとっての選択肢となっています。

サブスクリプションモデル

定額で飲食を楽しむことができるサブスクリプションモデルも人気を集めています。

顧客のリピート率を上げるための戦略として、多くの店舗がこのモデルを採用しています。

サシェ

飲食業界は、新しいビジネスモデルやトレンドが次々と登場しているため、経営者としては常に最新の情報をキャッチし、適切な戦略を立てることが求められます。

年収と業績の関連性

飲食店経営者の年収は、単に店舗の規模や立地条件だけでなく、実際の業績にも大きく影響されます。

特に、売上高や利益率は、経営者の年収を左右する重要な要因となります。

このセクションでは、年収と業績の関連性について詳しく探っていきます。

売上高と年収の相関

売上高は、飲食店のビジネスパフォーマンスを示す基本的な指標の一つです。

一般的に、売上高が高い店舗は、多くの顧客が訪れ、高い収益を上げていると言えます。

そのため、売上高が高い飲食店の経営者は、それに比例して高い年収を得ることが期待されます。

しかし、売上だけが年収の決定要因ではありません。

経営の効率やコスト管理の能力も、年収に影響を与える要因となります。

利益率と年収の関係

利益率は、売上に対する純利益の割合を示す指標であり、経営の効率や収益性を示す重要な指標となります。

高い利益率を持つ飲食店は、売上に対して高い収益を上げていると言え、経営者の年収もそれに比例して高くなることが期待されます。

しかし、利益率が高いからといって、必ずしも高い年収を得られるわけではありません。

サシェ

店舗の規模や経営戦略、市場の状況など、多くの要因が絡み合って年収が決まります。

飲食店経営者としては、単に売上を追求するだけでなく、利益率を高めるための経営戦略やコスト管理のスキルも重要となります。

年収を向上させるためには、これらの要因をバランスよく考慮することが求められます。

年収を左右する主要な要因
  • 売上高の増加
  • 利益率の向上
  • 経営戦略の適切な実施
  • 市場の状況やトレンドの把握

飲食店経営の年収を上げるための戦略とヒント

年収向上のためのキーポイント

飲食店経営者として、年収を向上させるためには、効果的な経営戦略の実施が不可欠です。

このセクションでは、年収を上げるための具体的な戦略とヒントを提供します。

効果的な経営戦略

経営戦略は、店舗の売上や利益を最大化するための方針や計画を示します。

成功するためには、市場のニーズやトレンドを正確に把握し、それに応じた戦略を策定することが重要です。

マーケティングとプロモーション

  • ターゲット市場の特定: 顧客のニーズや好みを理解し、ターゲットとなる市場を特定します。
  • デジタルマーケティング: SNSやウェブサイトを活用して、店舗の情報やキャンペーンを効果的に伝えます。
  • イベントやキャンペーン: 期間限定の特別メニューや割引キャンペーンを実施して、新しい顧客を引きつけます。
  • 口コミの活用: 良いレビューや口コミを増やすための取り組みを行い、信頼性を高めます。

コスト削減と効率化

  • 仕入れの最適化: 仕入れ先の見直しや大量購入による割引を活用して、原材料費を削減します。
  • 効率的な人員配置: 忙しい時間帯や曜日に合わせて、人員を効率的に配置し、人件費を最適化します。
  • 無駄の排除: 余分な在庫や不要な経費を削減し、業績を向上させます。
  • 技術の導入: POSシステムや予約管理システムの導入により、業務の効率化を図ります。

飲食店経営者として、常に市場の動向や顧客のニーズを把握し、それに応じた戦略を策定することが求められます。

サシェ

上記の戦略やヒントを参考に、年収を向上させるための取り組みを進めていきましょう。

居酒屋経営の年収を上げるポイント

居酒屋経営年収UPの方法

居酒屋経営は飲食業界の中でも特に競争が激しいため、収益性が高くない場合もあります。

そのため、経営者自身が日々の業務に積極的に参加することが必要で、労働時間が長くなることもあります。

居酒屋経営に、食材の仕入れや調理、サービスの提供、衛生管理、スタッフの採用・教育・管理など、多岐にわたる業務があります。

経営者は、これらの業務をうまくこなすための能力や知識が必要で、マーケティングや財務管理、人材育成などの経営戦略を立てることも求められます。

サシェ

総じて、居酒屋経営は、多くの労力と知識を必要とする一方、収益性が高い場合もあるという特徴があります。

経営者自身が意欲的に経営に取り組むことが大切であり、また、スタッフや顧客の満足度を高めることが、長期的な成功につながるといえます。

居酒屋経営の利点

居酒屋経営にはいくつかの利点があります。

これらの利点を理解し、独自の経営戦略を立てることで、成功へと繋げることができます。

主な利点としては、定年が無いこと、自由な経営ができること、地域密着型のサービスが展開しやすいことなどが挙げられます。

利点詳細
定年が無い自分の意志で働き続けることが可能
自由な経営自分のアイデアや独自性を活かした経営が可能
地域密着型のサービス地域に根ざしたサービスを提供しやすい

定年が無い

元気な高齢者

居酒屋経営の利点のひとつに、定年が無いことがあります。

会社員とは異なり、経営者として自分の意志で働き続けることが可能です。

健康状態や経済状況にもよりますが、長く働くことで経験やスキルを活かし、経営をさらに発展させることができます。

また、年金収入だけに頼らず、自分で稼いだ収入で生活することができるので、老後の安心感にも繋がります。

自由な経営ができる

独立経営の居酒屋では、自分のアイデアや独自性を生かした経営ができるのが魅力です。

フランチャイズとは異なり、独自のメニューや価格設定、内装やサービスなど、経営者が自由に決定できます。

これにより、競合他社と差別化を図り、新しい顧客層を開拓することが可能です。

地域密着型のサービスが展開しやすい

サシェ

居酒屋経営では、地域密着型のサービスを展開しやすいという利点もあります。

地元の食材を使用したメニューや、地域の文化や風習に基づいたサービスを提供することで、地域の人々とのつながりを深めることができます。

これにより、リピーターや口コミでの集客が期待でき、安定した経営を築くことが可能になります。

居酒屋経営の利点
  • 定年が無い
  • 自由な経営ができる
  • 地域密着型のサービスが展開しやすい

これらの利点を活かし、経営者自身が工夫を凝らし、努力を重ねることで、居酒屋経営を成功させることができます。

フランチャイズ店の居酒屋経営者

雇われの居酒屋経営者

またフランチャイズ店の店長となると年収が高くなると思われていますが、そうでもありません。

もちろん店舗の中では一番収入が高くなりますが、役職に就いたことで残業がつかなくなったりします。

また売上の減少や人手不足の責任を問われることもあり、収入と仕事のバランスが取れていないことが多いのです。

このため離職率も高く、個人で居酒屋を始める人も多いのが現状です。

居酒屋チェーン店の店長は儲かる?

居酒屋チェーン店の店長はいわゆるのれん分けです。

サシェ

有名店の看板やメニュー、ノウハウを全て使用する代わりに加盟金や月々の売り上げから何%かを支払わなければなりません。

自分自身で居酒屋を経営した場合とフランチャイズで行う場合どちらが儲かるのでしょうか。

種類メリットデメリット
フランチャイズ店ブランド力、ノウハウの提供、集客力ロイヤルティの支払い、経営の自由度の制限
独立経営経営の自由度、独自のアイデアを活かせるブランド力の不足、経営ノウハウの不足

フランチャイズのメリット

フランチャイズで始めた場合、いくつかのメリットがあります。

フランチャイズのメリット
  • 未経験でも可能
  • ノウハウがある
  • 知名度の高さ
  • 安定した給与

未経験でも可能

まずは未経験であっても誰でも出来るということです。

飲食店での勤務や経営の経験がなくても、メニューを含めてマニュアルは全て決まっています。

決まっていることを覚えるだけなのでそこまで難しいものではありません。

ノウハウがある

フランチャイズの経営ノウハウ

更に、メニューや値段、内装、広告、宣伝に至るまで、個人の一存で新たに設定する必要はほとんどありません。

季節ごとのイベントも決められているので、余計なことを考えずに、営業そのものに集中することが出来るのです。

知名度の高さ

またフランチャイズは知名度の高さが魅力です。

店によって味の変化が無いので、どこか別の場所で同じ名前の店に行ったことがあれば、その人は既にリピーターです。

お客がついている状態から始めることが出来るので何かあっても失敗が起こりにくく、ある程度は儲かる仕組みになっているのです。

安定した給与

フランチャイズの店長は雇われ店長であれば月給通りに給与をもらうことが出来ます。

売り上げが多ければボーナスの査定が上がることもあります。

それよりも儲けたいというのであれば店長兼オーナーという立場になることも出来ます。

自分の店とすることでバイトも含めて、ある程度は自分で決めることが出来るのです。

フランチャイズのメリット・デメリット

フランチャイズのデメリット

フランチャイズにもデメリットがあります。

まず、独立した経営者であっても、チェーン店の規定に従わなければなりません。

これは、自分のアイデアやコンセプトを実現する自由が制限されることを意味します。

また、加盟金やロイヤリティ料がかかりますので、最初の投資や経営コストが高くなることもデメリットの一つです。

独立経営のメリット

独立経営の居酒屋を始める場合、自分のアイデアやコンセプトを自由に展開できることが最大のメリットです。

サシェ

自分の好きな料理や雰囲気、サービスを提供できますし、地域に根ざしたメニューやイベントを企画することができます。

また、フランチャイズに比べて最初の投資額や経営コストが低い場合があります。

独立経営のデメリット

経営の苦労

しかし、独立経営にもデメリットがあります。

まず、知名度が低く、集客に苦労することが多いです。

開業当初は、お客さんが少なくても粘り強く営業し続けることが求められます。

また、経営ノウハウがない場合、失敗するリスクが高く、独立経営を成功させるためには、経営や料理、サービスに関する知識や経験が必要です。

結論

居酒屋チェーン店の店長として働くか、独立経営の居酒屋を始めるかは、その人の経験や考え方によります。

フランチャイズは、経営ノウハウや集客力を活かして安定した収入を得ることができますが、自由度が制限されることを受け入れなければなりません。

一方、独立経営では自由にアイデアを展開できますが、成功するためには努力や経験が必要です。

最終的には、自分がどのような経営スタイルを望んでいるのか、そしてどれだけリスクを取りたいのかを慎重に考えることが重要です。

居酒屋の経営者の年収や、チェーン店の店長がどれほど儲かるのかを理解した上で、居酒屋を開業するためには調理師免許が必要なのかどうかを確認しましょう。

飲食店経営者の年収

飲食店の規模によって経営者の年収が大きく異なる場合があります。小さな飲食店では年収が1000万円以下であることが一般的であり、大規模な飲食店・居酒屋チェーンでは数千万円以上になることがあります。平均的な飲食店・酒屋経営者の年収は、約500万円から600万円とされています。 飲食店経営者の年収とは?

居酒屋チェーン店経営のメリット

フランチャイズには、事業立ち上げのコストを削減し、フランチャイザーのブランド名や運営ノウハウ、経営指導を受けられるなどのメリットがあります。また、フランチャイジーはフランチャイザーの一括購買力を利用し、高品質の食材をより低価格で入手することができます。 居酒屋チェーン店の店長は儲かる?

コメント

コメントする

目次