カフェ開業までにしておくべきこと

カフェ開業記事一覧

カフェと喫茶店との境界を曖昧に感じているかもしれませんが、カフェではお酒が提供されます。ただし、これは店を営業する上で必要となる資格のうち、飲食店営業と喫茶店営業の違いであり、お酒を出さないスタイルのカフェも可能性としては成立します。とは言え喫茶店営業で運営されるカフェでは、お酒だけでなく調理も禁止されるためメニューに制限が出る点に注意しましょう。

カフェを開業し、オーナーとしての第一歩を踏み出すまでには、たくさんの勉強が必要です。今回は、カフェ開業の計画を立てることから、実際に開業するまでの流れをご紹介しましょう。カフェ経営で大切なことは、自分の店のコンセプトを決めることです。

カフェの経営を成功させるも失敗させるも、経営計画次第だといっても過言ではありません。経営計画では、メニュー、価格、一日の来客数や売上、原価率や人件費など、運営していく為に必要なすべてのことを想定し、利益を上げるための方法を考えますカフェのオーナーを夢見る人は、店の内装や、コーヒーの味やお客さんが喜ぶメニューの開発、あるいは開業資金の調達、立地条件ばかりに目が行きがちです。

カフェを経営するために必要な資格、持っていると心強い資格をご紹介します。必要な資格で代表的なのが調理師免許です。飲食店勤務の際に必要になることが多く、将来のカフェ経営に備えて独学で資格を得た人もたくさんいることでしょう。

カフェを経営するためには、費用がいろいろとかかります。今回は、開業資金についてご説明させていただきます。開業資金には店の家賃などの店舗取得費、内装費用、コーヒーサーバーや食器類の費用、宣伝費、カフェ開業に必要な届出のための費用、店内BGM用の音響設備費などがあります。

店舗選びが終われば、カフェ開業に必要な道具を揃えましょう。カップやお皿は当然ですが、最近のカフェの象徴とも言えるA型看板は必ず用意する必要があります。ここに「本日のおすすめコーヒー」や「ランチメニュー」などを記載しておくことは、カフェの集客や売り上げを大きく左右するので、必ず設置しましょう。

カフェでお客さんに寛いでもらうためには、店内の雰囲気が大切ですね。店舗の雰囲気やインテリアは売上を左右するとても大切なことですから、経営コンセプトにマッチした素敵な空間を作れるように考えましょう。美味しいコーヒーや食事をくつろいで楽しめる雰囲気のいいカフェには、また来ようという気持ちをお客さんは持つものです。

会社を辞め、独立開業を目指す方は少なくありません。独立開業する方法は様々ありますが、リスクを極力軽減しつつ起業できる方法がフランチャイズです。しかし、本当の意味で自分のお店を持っている訳ではなく、リスクが少ない変わりに自由度は低いのがネックと言えます。

カフェを開業したい方や、現在検討中の方は、事業計画書を作ることが大切です。カフェの開業はあくまでもビジネスであり、無計画のまま進めてしまっては失敗するおそれがあります。思いつきで進めてしまう方も時折いますが、通常は事業計画書に基づいて開業準備や経営を行っていきます。

これから起業する場合、ジャンルによっては特別な資格やスキルが必要になることもあります。特に未経験の業界へ参入する予定であれば、知識やスキル、そして資格などが成否を分けることもあるほどです。

カフェを開業するためには物件を探す必要があります。土地や物件を購入してカフェを開業する方も中にはいますが、多額の資金が必要になってしまうため、通常は賃貸物件を利用することになります。賃貸物件は分類すると住居用、店舗用、事務所用の3つに分けられますが、カフェを開業する際に利用するのは店舗用の物件です。

カフェで提供するメニューは悩み所かもしれません。カフェを開業した後も定期的に見直す必要がありますが、基本的なメニューは開業前から決めておく必要があります。少なすぎてもお客さんの選択肢が減ってしまうだけですし、逆に多いと調理に掛かる負担が増えてしまいます。

カフェで独立開業するためには、まず始めにコンセプトを決めることが大切です。飲食店では、特にコンセプトを決めずに開業する方も少なくありませんが、カフェにおいてはお店の方向性を決めるほど重要な役割を担います。開業時の店舗設計に関わってくるだけではなく、開業後のカフェの経営方針にも影響を与えるほどです。

page top