カフェを開業するメリットとは

会社を辞め、独立開業を目指す方は少なくありません。

独立開業する方法は様々ありますが、リスクを極力軽減しつつ起業できる方法がフランチャイズです。

しかし、本当の意味で自分のお店を持っている訳ではなく、リスクが少ない変わりに自由度は低いのがネックと言えます。

そのような理由から、自分のお店を持ちたい方には向いていません。

ただ、開業時に参入する分野を選ばなければ、起業しても失敗してしまう確率が非常に高くなります。

これから独立開業を目指すのであれば飲食店はいかがでしょうか。

飲食店は参入も多くなっている一方で、流行に左右されにくいと言う強みを持っています。

物販とは違って常に一定のニーズがあるため、リピーターを獲得すれば長期に渡って経営の安定性を高めることが可能です。

特にカフェは女性のリピーターを獲得しやすく、ゆったりくつろげる空間の提供と共に、様々なスイーツや料理を揃えれば、幅広い女性に支持されるお店にすることもできます。

目次

カフェを経営する魅力

カフェオーナーに憧れる方も少なくありませんが、フランチャイズにはない、カフェならではの強みもたくさんあります。

カフェを経営する魅力の一つが、自分のお店を経営しているという意識が強く働くことです。

フランチャイズは店舗作りやサービス面での制約が非常に多く、自分のお店を経営している意識が薄くなる場合もあります。

しかし、カフェは自分のコンセプトに基づいた店舗経営が可能であり、独自のファンを獲得しやすいのです。

提供するサービスも自由なため、一風変わったコンセプトのカフェも構築できます。

カフェ経営も当然ながらビジネスです。

そのため、常に利益を上げることを忘れてはいけません。

ただ、フランチャイズと違ってロイヤリティは発生しないため、利益率のコントロールをしやすいのが強みです。

カフェは利益率の設定も自由度が高く、フランチャイズと同じ売り上げでも最終な利益はカフェが上になります。

飲食店で独立したい方は、カフェも検討してみると良いでしょう。

カフェ経営の長所

カフェ経営の長所

カフェ経営の長所はどんな点でしょうか。

いくつものメリットがありますが、カフェの経営をしながら最高のコーヒーを淹れることのできる腕を磨けるのもメリットの1つです。

コーヒーの世界は奥深いので、その道を極めるのはプロでも難しく、長年の修行が必要です。

カフェ経営で収入を得ながらコーヒーの勉強に励んでいる経営者が大勢います。

趣味と実益を兼ねられるのも魅力です。

カフェ空間を利用して、絵画や写真などの芸術や音楽を提供し、アート作品の発表の場としての機能を取り入れたカフェ経営スタイルは魅力的です。

カフェ経営は有効な経営戦略

また、自社製品の宣伝のためにカフェを運営しているケースもあります。

食品関連の企業が顧客確保のためにカフェを経営していることは珍しくありません。

このようなカフェではお客さんの感想や意見が直接企業に伝わりやすく、お客さんの声を商品開発に活かすことができるので、顧客満足度の向上につながります。

有効な経営戦略として、カフェ経営は大きな武器となっています。

しかしカフェオーナーのメリットとして誰もが一番ありがたいと感じていることは、お客さんとの触れ合いを通じて人脈が広るということです。

お客さんとのコミュニケーションを楽しみながら、沢山の人と毎日出会うことができ、素晴らしい人生経験を味わうことができるのは、お金に代えがたいメリットではないでしょうか。

カフェのメリットに目を向けると、ますます夢が広がってきます。

ぜひあなたも、カフェオーナーになって実りの多い人生を歩んで下さい。

カフェ経営の短所

カフェ経営の短所

長所の多いカフェ経営ですが、反対にデメリットもあるはずです。

そのことも理解しておくと、実際に経営をして壁にぶつかったときに役に立ちます。

どんな商売も同じですが、カフェオーナーは、利益を出し安定した経営を行えるための、たゆまぬ努力が必要です。

カフェ経営のデメリットは、失敗すれば資産を失うことです。

開業資金はいうまでもなく、営業して手に入れるはずの収入が一切なくなってしまいます。

自分の生活を支えていたカフェの収入が途絶えれば、人生設計に大きなダメージを受けるでしょう。

カフェ経営は多くの苦労が伴う

融資を受けて開業資金の準備をした人は、カフェ経営が行き詰まると返済も困難になります。

融資側は経営計画が甘かったと判断され、次回からの融資を受けることが難しくなるでしょう。

さらにカフェ経営の失敗は、人からの信頼も失います。

開店から築いてきた人脈が、経営難を理由に失われてしまうことも考えられます。

経営に関するデメリットとしては、普通の会社員のように週末や祝日に休みを取りにくい点が挙げられます。

立地場所にもよりますが、週末や祝日は来客が多くカフェの稼ぎ時です。

旅行などで長期休暇を取ることも客足を遠ざける原因になりますので避けたいものです。

この他にもカフェのオリジナルとして作成した商品が不良在庫になったり、スタッフ同士のトラブルなど人間関係で頭を痛めることもあります。

楽しいカフェ経営ですが反面、事業を成功させるためにはさまざまな苦労が伴うでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる