MENU

カフェ開業のための資金

カフェを経営するためには、費用がいろいろとかかります。

 

今回は、開業資金についてご説明させていただきます。

 

開業資金には店の家賃などの店舗取得費、内装費用、コーヒーサーバーや食器類の費用、宣伝費、カフェ開業に必要な届出のための費用、店内BGM用の音響設備費などがあります。

スポンサーリンク

もし従業員を雇うなのら人件費はいうまでもなく、研修費や制服や事務用品などの備品費も発生します。

 

フランチャイズに加盟して開業する場合は、加盟料も必要です。

自己資金と融資

カフェ開業のために必要な資金は、20坪の店舗で1千万円が目安だといわれています。

 

しかし中には300万円程度で開業している人もいますので、資金額には幅があります。

 

それから、開業資金が自己資金か融資かでも必要額が変わります。

 

自己資金が少ないとカフェは開業できないと考える人も多いと思いますが、実際はそうではありません。

 

店舗経営者向けの融資に力を入れている銀行もありますから、融資担当者に相談してみるのも1つの方法です。

 

カフェの内装費については、自分で内装を行ったり、建築業や内装業の友人に協力してもらって低価格に抑えることも考えられますし、居抜き(飲食店などで店内の装備を丸ごと売買したり、賃貸すること)物件なら内装の必要もなく開業資金の出費を抑えられます。

 

カフェ開業を目指して、資金の調達計画を充分に考えましょう。