MENU

カフェを宣伝する方法

カフェの開業が近づいてきたら、そろそろ宣伝することも視野に入れておきましょう。

 

無事にカフェを開業できても、オープンしたことを知ってもらわなければお客さんは来てくれません。

 

宣伝する手段は様々ありますが、費用が高くなってしまう方法もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

費用がほとんど掛からない方法は口コミやSNS、逆に費用が掛かるのはインターネットや新聞、雑誌の広告、そしてラジオCMなどがあります。

 

宣伝効果も異なりますので、どの方法がベストか検討してみましょう。

無料でできる宣伝方法

費用は掛からない宣伝方法として、特に有効なものは口コミです。

 

ただし即効性はなく、一気にお店の人気を高めることはできないので注意しましょう。

 

徐々に広まっていくのが最大の特徴で、リピーターを確保しやすいというメリットがあります。

 

知人や友人らに口コミを頼む方法もありますが、開業後であればお客さんに広めてもらうこともできます。

 

SNSも口コミと同じく、基本的に広告費が掛かりません。

 

ただページを見てもらえないと宣伝になりませんので、地道に広めていく必要があります。

有料でカフェを宣伝する

お金を掛けて宣伝するのであれば、インターネット、新聞や雑誌の広告、折り込みチラシなど、様々な方法を利用できます。

 

この中では、インターネットの広告が最も安上がりですが、サイトによっては宣伝効果が出ず、逆に割高になってしまうこともあります。

 

また、特定地域をターゲットにできないため、カフェの宣伝には少々不向きと言えます。

 

広告を掲載するのであれば、新聞やタウン情報誌、折り込みチラシが良いでしょう。

 

特定の地域に絞って宣伝できますし、費用対効果は高めです。

 

特にタウン情報誌は10代〜30代・40代をターゲットにしていることが多く、掲載されると大きな宣伝効果が望めます。

 

もちろん想定する客層にもよりますが、カフェなら最も効果が期待できる方法です。

 

口コミなどの他の宣伝方法と併用し、集客力を高めるのも良いでしょう。