猫カフェ開業に必要な資格と経営のポイント

カフェ経営にはさまざまな経営スタイルがありますが、その中でも猫カフェが注目を浴びています。

猫カフェとは、店内に猫を放し飼いにしてお客さんが一緒に遊んだり、お茶を楽しみながら猫の可愛らしいしぐさを眺めることのできるお店です。

サシェ

猫カフェは、元々20年以上も前に台湾で始まり、大変なブームになりました。

スポンサーリンク
目次

猫カフェの魅力

猫カフェには自宅がペット禁止のマンションや、家族の反対などで猫が飼えない人が、猫と触れ合うために訪れたり、猫好きの人の癒しの場として人気を集めています。

サシェ

売上実績もなかなかのもので、猫好きの人にはおすすめの経営スタイルです。

猫カフェ開業に必要な資格

ただ、猫カフェの経営では動物を扱うので、カフェ開業に必要な資格に加えて第一種動物取扱業の登録が必要です。

また、第一種動物取扱業の登録には動物取扱責任者を選任する必要があります。

つまり、猫カフェを開業するのに最低限必要な資格・届出は

  1. 食品衛生責任者
  2. 飲食店営業許可
  3. 開業届
  4. 第一種動物取扱業
  5. 動物取扱責任者

ということになります。

猫カフェを開業するには
  1. 通常のカフェ開業に必要な資格に加えて第一種動物取扱業の登録が必要
  2. 第一種動物取扱業の登録には動物取扱責任者の選任が必要
  3. 動物取扱責任者になるには、資格・実務経験などの要件を満たしている必要がある

猫カフェ経営のポイント

猫カフェは観光名所になっているところも多いので、宣伝などを工夫すると多くの集客が見込めます。

猫とお客さんの安全と衛生面に十分配慮し、猫にはワクチンを接種してこまめなケアを行いましょう。

お客さんには入店と退出時に手を洗い、スリッパに履き替えてもらうことを徹底して、店内に雑菌が持ち込んで猫が病気にかからないように衛生管理のルールを作っておきます。

カフェやレストランとしても充分に楽しんでもらえるように、猫と触れ合うスペースと飲食スペースを分けるスタイルにすると喜ばれます。

サシェ

経営計画をたてるときには、店内のスペースをどのように使えば集客アップにつながるかを考えることも大切です。

かわいい猫といっしょにくつろげる猫カフェ、今後さらに発展が期待できるしていく将来性のあるカフェスタイルです。

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次
閉じる