飲食店経営は失敗しやすいは本当?厳しい状況を乗り越える飲食店経営術

飲食店経営を成功させる方法

では、このような厳しさを乗り越え、飲食店経営を成功させるためには、一体どのようなことを意識していけばいいのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

意識すべき事目的
①目的を明確にする壁にぶつかった時に軸がブレない
②事業計画をしっかりと練る想定外のことが起きた時に対応できる
③慎重に物件を選ぶ立地や家賃などを吟味する
④資金調達の知識をつける見落としがちな資金調達方法を知る
⑤工事のタイミングと費用を考えるどのタイミングで・どの業者に
⑥メニューにも手を抜かないお客さんの目にしっかりと留まる
⑦仕入れ業者を選別する信頼できる仕入れ業者を見極める
⑧機材は新品か?中古か?新品と中古はどちらも一長一短
⑨来客率を高める設備を知るキャッシュレス決済など
⑩従業員を募集する飲食店は自分一人では回すことができない
⑪広告費はケチらない広告宣伝費は投資
⑫開店までに綿密な準備をする初日にコケるとマイナスイメージが広がる
⑬従業員を教育する安心して任せることができる
⑭売上を上げるコツを知る現状維持ではピンチが訪れる

目的を明確にする

飲食店を経営する場合に限らず、物事を始める場合には、ゴールから設定することが大事です。飲食店の場合であれば、

目的を明確にする
  • なぜ始めるのか?
  • 短期で成長させて売却するのか?それとも地域に根付き長期的に経営できる店を作るのか?
  • 味で勝負するのか?価格で勝負するのか?

ということなどを、細かく決めておくことをおすすめします。

そうすることで、トラブルが起こったり、壁にぶつかったりしても、軸がブレないため、立ち直れる可能性が高まるのです。

事業計画をしっかりと練る

そして事業計画をしっかりと練ることが大切になります。

中には、曖昧な計画やイメージで飲食店経営に乗り出してしまう人もいますが、これでは想定外のことが起きた時に対応することができません。

店のコンセプトや単価計算、回転率や稼働率の計算、席効率の計算など、全く知識のない人には若干難しく感じてしまうかもしれませんが、これをしっかりと行わないと資金不足に陥ってしまうことがあるのです。

物件選びは慎重に

飲食店経営を行う場合には、必ずと言っていいほど店舗が必要になります。

屋台や移動販売などの場合はそこまで心配する必要がないかもしれませんが、店舗を構えて営業をする場合には、立地や家賃などを吟味して選んでいくことが大切になるのです。

また、契約期間や坪単価なども把握しておく必要があり、尚且つ居ぬき物件なのかそうでないのかによっても必要資金が変わってきますので、しっかりと知識をつけておくことをおすすめします。

資金調達の知識をつける

新型コロナウイルス感染症に伴う各種支援のご案内
新型コロナウイルス感染症に伴う各種支援のご案内

飲食店だけでなく、経営者になる場合は資金調達の知識をつけることも大事です。多くの経営者は、

  • 自分で資金を調達する
  • 銀行から融資してもらう
  • 投資家から投資してもらう

という資金調達方法については理解していることが多いのですが、

見落としがちな資金調達方法

  • 補助金
  • 助成金

の有無については把握していないことが多いです。

そのため、このような知識もつける必要があり、場合によっては専門家を雇うことも大事になってくるでしょう。

工事のタイミングと費用を考える

居ぬき物件を使う場合でも、完全な空き物件を使う場合でも、内装及び外装工事が必要になることがほとんどです。

しかし、どのタイミングでどの部分を工事するのかということを、資金などと相談しながら決めていくことも大事になります。

また、どのような業者に依頼をすれば安心できるのかということについても、事前に調査する必要があると言えるでしょう。

メニューにも手を抜かない

どの飲食店にも、おすすめメニューや目玉メニューが存在します。たかがメニューと手を抜かず、お客さんの目にしっかりと留まるように作り込む必要があります。

また、価格については、隣接する飲食店の価格帯を調べて決定することがおすすめです。

仕入れ業者を選別する

お店を開店すると、様々な仕入れ業者から営業マンが訪れるでしょう。

しかし、どれくらいの費用が掛かり、どれくらいの質の材料を卸してくれるのかということを、自分なりにしっかり精査して、信頼できる仕入れ業者を見極めることが大事になってきます。

機材は新品か?中古か?

飲食店を開業するためには、当然機材を準備する必要があります。

しかし、中古機材と新品機材では価格も変わってきますし、使える年数も変わってきます。ある程度使えそうな機材が残っている居抜き物件であれば、若干資金を節約することができる場合もあります。

しかし、そうでない場合には、新品を買うにしても中古を買うにしても、できるだけ安く状態の良い物を購入見極めて購入することが大事になってきます。

来客率を高める設備を知る

近年では、キャッシュレス決済が主流なりつつあります。

もっと言えば、現金での支払いにしか対応していないお店というのは、「時代遅れ」となってしまうのです。

また、店内BGMやWi-Fiなど、一見関係ないような設備でも集客に貢献してくれる場合があるため、店の雰囲気なども考えながら設置していくことをおすすめします。

従業員を募集する

飲食店は自分一人では到底回すことができません。そのため、従業員を積極的に募集することが大事です。

効率的に従業員を募集したい場合には、多少費用は掛かっても、求人サイトに掲載するなどの工夫を行う必要があるでしょう。

広告費はケチらない

広告宣伝費というのは、浪費ではありません。投資です。特に開店して間もない飲食店というのは、近隣住民にしか認知されていないことがあります。

そのため、グルメサイトやホームページなどを活用し、多少の費用をかけても宣伝に力を入れることが大事になってくるのです。

開店までに綿密な準備を

開店日や開業日をある程度決めて、そこまでに120%の準備をしておくことが大切です。営業しながら改善していけばいいと考えている経営者もいますが、これは正直甘すぎます。

初日完璧な準備ができていないと、訪れたお客さんに満足してもらうことができず、マイナスの評判やイメージが広まってしまう可能性があるのです。

そのため、常にお客さんが入っていることをイメージしながら、準備を進めていくことをおすすめします。

従業員を教育する

従業員を採用したら、放置してはいけません。しっかりと店の雰囲気などにあわせて教育をしていく必要があるのです。

そのためには、ある程度マニュアルを作り、全ての従業員が同じような質で接客できるようにしておくことをおすすめします。

ある程度従業員の教育が行き渡れば、自分が店に立っていなくても、安心して任せることができるでしょう。

売上を上げるコツを知る

売上を上げるためには、気合と努力だけではダメです。仕組みを作ったり、繁盛店の仕組みを取り入れたりすることがとても大事になってきます。

つまり、飲食店経営というのは、現状維持をしているといずれピンチが訪れます。調子のいい時こそ、次の戦略を考えて走り続けなければならないのです。

1 2 3 4

コメント

コメントする