カフェ開業に必要な資格や資金、開業から経営までの手順を完全解説!失敗しないカフェづくりまで

カフェ開業時の経営計画が重要

カフェ経営の夢を漠然と描くだけではなく、現実をしっかりみつめて綿密な経営計画を立てておかなければ、夢を叶えることは難しいでしょう。理想を描くのは楽しく、簡単です。けれども、実際の計画を実行していくと壁にぶち当たることも多く、一つ一つ障害を取り除いていく根性が必要になります。

カフェ経営の失敗談で一番多いのが、「開業してはりきっていたのに、お客さんが全然こなかった」、「経営資金が足りなくなって、営業を続けられなくなった」というものです。これは理想を追いすぎて、ビジネスに必要な冷静に現実を把握する能力を磨かなかったことが原因です。

カフェ経営を成功させるためには、入念な準備と相当の覚悟が必要です。開業後のカフェオーナーの姿をどのようなものに思い描いていますか?

カフェ開業を成功させるための経営計画

美味しいコーヒーを淹れてくれる優しいオーナーといった姿だけを想像しているのでは、あまりにも一面的です。接客のときに見せる穏やかな表情とは別に、経営者としての冷静な顔も持たなければなりません。

カフェは商売です。開業したら利益を出し、経営を持続させる努力を怠ることは許されないのです。

コンセプトを決める

カフェを開業して着実に経営していくには、最初にコンセプトをはっきりとさせる必要があります。 どんな店を組み立てていくのか、どういった理念で経営していくのかを明確にしていないと、せっかく開業したカフェを短期間で閉める事になるかもしれません。

カフェの方向性を左右する「コンセプト作り」

自分の中のぼんやりとしたイメージを明確にするために、実践的にカフェについて学ぶなら、カフェの専門スクールもお勧めです。

現役のカフェオーナーから、最新のトレンドや人気アイテムについて学べる他、バリスタの資格取得や卒業後の開業サポートまで行っているスクールもあります。学生・フリーターの方向けには、在学中に収入を得ながら専門知識を学ぶコースがあります。

また、社会人の方が働きながら通えるように土日も通える仕組みになっています。もちろん上記の自治体開催のセミナーと比べると費用はかかりますが、そこで得た知識や人脈は一生の財産になるのではないでしょうか。

カフェを開くにはどうすればいい?

  1. コンセプトを決める
  2. 経営計画の立案
  3. 開業資金の計算
  4. 必要な資格を取得
  5. 店舗探し
  6. 申請・手続き
  7. 体制を整える
  8. 開業

カフェ開業に必要な資格は?

カフェを開業するのに必須の資格は「食品衛生責任者」です。食品衛生協会が行っているeラーニング講習、または会場集合型講習で取得が可能です。

カフェオーナーを目指して

カフェオーナー

カフェ開業して経営するためには、どんな情報や勉強が必要なのでしょうか。脱サラしてカフェを始める人もいれば、親の店を受け継いだり、リストラを期に開業を望む人など、カフェ経営の動機は人それぞれです。

カフェを開業・経営を始めて自分自身のカフェを持ちたい、自分が思い描いた空間を提供したいというのは、大変素敵な目標です。しかし、カフェに限らず、商売というものは一筋縄ではいきません。

もしも経営不振に陥った場合、スタッフの給料を払うことができなければ、その人の生活を台無しにすることになります。カフェオーナーは責任重大です。

気軽にカフェ経営に手を出すのは賢い方法ではありません。カフェ経営を成功させるためには、時流を見る目と慎重さが必要です。

カフェ経営を成功させるために必要な心構え

カフェ経営を成功させるための、心構えについて考えてみましょう。商売は熱意と十分な資金があっても、成功しない場合が多い厳しい世界です。

安定した経営で、お客さんにも喜んでもらうカフェにするためには、常に情報収集を行い、移り変わりの激しい社会のニーズを的確に捉え、上手に流行を取り入れる敏感なセンサーが必要です。

それだけではなく、リスク管理にも配慮する必要があります。

カフェでは安全な食べ物を提供することが最低限の義務です。衛生面に配慮して素材の安全性に注意を怠らないことは基本中の基本です。

また、不意のトラブルにも冷静に対処できるように心構えをしておきましょう。

継続的な努力がカフェ経営者には必要

困難に立ち向かっていく意志の強さは、オーナーに必要な資質であり、大切な心得です。

カフェ業界は競争が激しく、常に新しいアイデアを生み出す努力がなければ生き残ってはいけません。

くつろげるカフェのあり方について、お客さんの目線に立ったアイデアが出せるかどうかで、店の成功が決まります。

快適な空間を作り出し、失礼のない接客マナーを行なうなど、お客さんの立場からみたサービスを提供できているか、常に自問自答しながら経営方針を振り返ることが大切です。

アンケート結果から見る理想のカフェ1位は”自分の時間が過ごせる”

「また来店したい」と思わせるカフェにするための工夫を、常に怠らないようにしましょう。

サシェ

お客さんにとって魅力のあるサービスを常に提供できるように、絶え間ない努力がカフェの経営者には必要です。

あなたには、その心構えができていますか?

まとめ

この記事では、カフェの開業に必要な資格や資金、カフェの学校や開業までの手順について解説しました。

1 2 3 4 5 6

コメント

コメントする