カフェ開業に必要な資金は?

貯金箱

カフェを開業するためにはまとまった資金が必要です。

資金の用途は大きく分けると、開業準備資金と開業後の運転資金に大別できます。

どちらにしてもお金が必要なことに変わりは無く、開業の準備を始める前に用意することが大切です。

スポンサーリンク

最初の資金繰りで躓いてしまう方も少なくありませんが、不安を残さないためにしっかり準備しておきましょう。

ただ、どれくらいの金額を用意したら良いのでしょうか。

結論から言いますと、資金は多ければ多いほど良いです。

カフェ開業では、お金が少ないと困ってしまう場面が珍しくも無いですが、逆に資金が多くて困ってしまうことはありません。

資金難では開業後に不安が残るばかりか、開業準備の段階で計画が頓挫してしまう可能性もあるのです。

特に重要な開業資金

金融機関から借り入れる場合は返済に対する懸念もありますが、失敗のリスクを減らすためにも、資金はなるべく多く用意しましょう。

特に開業準備資金が多く必要になります。

開業前の出費になるのが、家賃と敷金、保証金など物件に関するもの、店舗の外観と内装工事費用、そして什器や備品の購入費用です。

物件契約時にまとまった出費になりますし、店舗工事は100万円単位の費用が掛かります。

また、調理に必要なキッチンやテーブル、チェアなどの什器、メニュースタンドなどの備品を揃えると数百万円の出費になります。

開業後に必要な運転資金は、主に人件費と仕入れ費用、光熱費です。

仕入れができないと料理も提供できませんし、人件費が払えなければ人を雇えません。

光熱費も月数万は掛かるため、半年程度先まで見越し、1ヶ月あたりの資金を想定する必要があります。

なるべく開業準備資金と同額は用意しておきましょう。

自分自身の生活費も忘れてはいけません。

カフェを開業しても、最初の数ヶ月は赤字が続く可能性があります。

生活できないとお店どころでは無くなりますので、前もって3ヶ月~6ヶ月分の生活費を確保して多く必要があります。