制服にこだわると箔がつく

カジュアルなカフェやバーなどであれば服装にはあまりこだわらないというケースもありますが、食事を提供する店舗では制服にこだわることで、そのお店に適した雰囲気を出すことが可能になります。

サシェ

従業員を雇う場合においても、制服の有無で仕事に対しての意識も変わります。

スポンサーリンク
目次

服装が重要な理由

なによりも利用してくれるお客さん視点でも、飲食店らしい服装であれば信頼感が増すというものです。

実際に調理する場面が客席から見えるのであれば、調理専用の服装を徹底することはとても重要です。

髪の毛がダラっとしていないか、清潔感はあるかということにこだわってコスチュームを考える必要があります。

店のコンセプトにあった接客マナー

また、飲食店のコアにあるのはそこで実際に働いている人です。

ラーメン店を作るのであればラーメン店のトーンマナー、和食店であればそのトーンマナー、イタリアンやカフェでも同様です。

その場を意識した装いがなければ、お客さんは寄り付きません。

アットホームをコンセプトにする場合であっても、せめてエプロンくらいは着用しなければいけません。

サシェ

調理をして人に提供するということの責任を体現した服装が必要です。

制服の調達方法

こうしたコスチュームの調達方法ですが、既成品でさまざまなシーンに適したものが市販されています。

そのような制服を販売している事業者では、お店の名前やロゴを名入れするサービスを同時に提供していますので、好きなパターンの制服を選んで、名入れして完成させるという方法がもっとも一般的です。

そうすれば従業員を雇ってから合うサイズのものを用意する時間が短縮されますし、傷んでしまった際の替えもすぐに用意することができます。

一からオーダーメイドで用意する場合は、ある程度の着数を発注しなければとても割高になってしまいますので、まずは既成品を選ぶというところから始めるのがベストです。

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次
閉じる