お客の満足度を高めることが居酒屋経営の肝

サシェ

居酒屋経営をしようと思っている人の中には、かなり甘い見立てを立てている人もいるようです。

まずオープンして最初の1~2週間はそれなりにお客さんも来るはずです。

新しくできたお店は、物珍しさも手伝って訪れる人はいますが、この人たちが固定客になるかといったら、決してそうではありません。

スポンサーリンク
目次

危機感を持って経営する

しかし居酒屋のオーナーの中には、最初からたくさんお客さんが来て生活費をねん出できるくらいの収益が上がり、半年も経過すればかなりのもうけが出るのではと思っているケースも多いです。

もしみなさんがそのような見立てを持っているようであれば、その考え方はすぐに改めるべきです。

「気を抜いたら店が傾くかもしれない」このような危機感を持って経営することです。

常に客の満足度をチェックする

そのために大事なことは、常にお客さんが満足できているのかをチェックする点にあります。

メニューや味、サービス、料金などを見直して、よりお客さんの満足が高まるような経営を心がけましょう。

料理の腕を上げて味を良くする、接客スキルを高めて居心地のいい空間を作ることです。

お客さんが席を離れた時に、もし料理が残っているのであれば、それは味に問題がある可能性が高いです。

味の改良をしてよりおいしく仕上げていく、売り上げの芳しくないメニューがあればそれを取り下げて新メニューを開発するといったことを心がけてみましょう。

そうすれば、お客さんが満足できる料理を提供できるようになり、常連のお客さんを確保できるようになります。

より良いお店にするためのヒント

最初のうちは店の切り盛りだけで精一杯で、お客さんのリアクションまで気を配れないという人もいるかもしれません。

しかしお客さんが店内で楽しそうにしているか、おいしそうに料理を食べているのかなどをこまめにチェックしましょう。

店内の様子を見ることで、改善してより良いお店にするためのヒントが隠されています。

サシェ

新規顧客を増やすことも大事ですが、まずはリピーターを増やすことが安定した収益につながっていくのです。

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次
閉じる