ランチ営業することで集客アップを狙う

居酒屋というと、夜に営業するイメージを持つ人も多いはずです。

サシェ

しかし居酒屋の中には昼間も営業して、ランチを提供しているお店も結構あります。

居酒屋経営を検討していて、ランチタイムも営業してもかまわないと思っているのであれば、検討してみる価値はあります。

ランチタイムに営業することで、より高い集客効果が見込めるからです。

スポンサーリンク
目次

日中ならお店に入りやすい

皆さんが居酒屋に入るときに、初めてのお店は興味があっても実際に足を運ぶのに躊躇してしまうことはありませんか?

チェーン店であればまだしも、個人の聞いたことのない名前のお店だとなかなか足を踏み入れにくいところがあります。

しかし夜は立ち寄りにくかったお店でも、日中であれば入りやすくなる傾向があります。

つまりランチ営業することで、それまで興味があっても足が遠のいていた潜在的なお客さんを取り込める可能性があります。

店の雰囲気を知ってもらって、いい印象を持ってもらえれば、夜間のお客さんになってくれるかもしれません。

夜にお店を利用しやすくするために、割引クーポンなどを配ってみるのも効果的です。

サシェ

特にビジネス街で居酒屋を開業しようと思っているのであれば、ランチ営業はお勧めです。

ビジネスマンでお昼休み、近場で食事を済ませたいと思っている人も多く、このような人を集客できます。

ランチタイムのメニュー

ランチタイムのメニューをどうするかですが、カレーライスや丼物を中心に構成しましょう。

いずれも共通しているのは、食べるのにあまり時間のかからないところです。

ランチ営業は通常11時半から2時くらいまでのところが多いです。

2時間半という短時間営業の間に効率的に収益を確保するためには、回転率の速いメニューを提供する必要があります。

定番のメニューのほかにも、日替わりランチなども提供すると、毎日来ても飽きることがなくなります。

サシェ

このようにいかにお客さんに店に来てもらうか、その誘導を考えて経営をすれば、収益のあげられる人気のお店にできます。

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次
閉じる