居酒屋経営者の年収とは?居酒屋チェーン店の店長は儲かる?

年収は人それぞれ、職種によっても異なります。

サラリーマンの平均の生涯収入は2.4億円というデータがあります。出典

これは大学を卒業してから定年までの約40年間での計算として年収とすると600万円ということになります。

一般企業であれば長年勤めることによって昇給があり、年に5,000円のところもあれば、1,000円のところもあります。

会社自体の経営状況によって異なりますが、基本的に昇給が無くなることはありません。

スポンサーリンク
目次

居酒屋経営は定年が無い

サシェ

居酒屋経営の利点とすれば、定年が無いことです。

このため体が丈夫であればずっと働くことも可能です。

年を取ってからも年金以外の収入があることは生活する面でも大きいです。

居酒屋経営の年収を客足から予測すると

ではがっつり本業として居酒屋経営をしている人はどのぐらい儲かっているのか、仮に年中無休で1日1万円を稼いだとしても365万円です。

しかしこれはサラリーマンの平均年収600万円ぐらいを考えるとあまり儲かっているとは言えません。

お客さん1人あたり大体3,000円として考えると毎日20人ぐらいは来て欲しい計算になります。

毎日60,000円ぐらいの売り上げがあれば費用その他を差し引いてようやくサラリーマンぐらいの年収となるはずです。

土日は常に満席といった状態を保つことが出来れば、年収1,000万円越えを果たしている人もいます。

しかし、そこまで稼げないのであれば、早めの切り替えが出来るのも居酒屋経営です。

借金が増えないうちに引く勇気も必要です。初期投資が少ないのであれば被害は最小で済みます。

フランチャイズ店の収入と仕事のバランス

またフランチャイズ店の店長となると年収が高くなると思われていますが、そうでもありません。

もちろん店舗の中では一番収入が高くなりますが、役職に就いたことで残業がつかなくなったりします。

また売上の減少や人手不足の責任を問われることもあります。

サシェ

収入と仕事のバランスが取れていないことが多いのです。

このため離職率も高く、個人で居酒屋を始める人も多いのが現状です。

居酒屋チェーン店の店長は儲かる?

居酒屋チェーン店の店長は儲かる?

居酒屋チェーン店の店長はいわゆるのれん分けです。

有名店の看板やメニュー、ノウハウを全て使用する代わりに加盟金や月々の売り上げから何%かを支払わなければなりません。

自分自身で居酒屋を経営した場合とフランチャイズで行う場合どちらが儲かるのでしょうか。

フランチャイズのメリット

フランチャイズで始めた場合、いくつかのメリットがあります。

まずは未経験であっても誰でも出来るということです。

飲食店での勤務や経営の経験がなくても、メニューを含めてマニュアルは全て決まっています。

決まっていることを覚えるだけなのでそこまで難しいものではありません。

更に、メニューや値段、内装、広告、宣伝に至るまで、個人の一存で新たに設定する必要はほとんどありません。

季節ごとのイベントも決められています。

余計なことを考えないで、営業そのものに集中することが出来るのです。

またフランチャイズは知名度の高さが魅力です。

店によって味の変化が無いので、どこか別の場所で同じ名前の店に行ったことがあれば、その人は既にリピーターです。

お客がついている状態から始めることが出来るので何かあっても失敗が起こりにくく、ある程度は儲かる仕組みになっているのです。

フランチャイズの店長は雇われ店長であれば月給通りに給与をもらうことが出来ます。

売り上げが多ければボーナスの査定が上がることもあります。

サシェ

それよりも儲けたいというのであれば店長兼オーナーという立場になることも出来ます。

自分の店とすることでバイトも含めて、ある程度は自分で決めることが出来るのです。

フランチャイズのデメリット

しかし、中には毎月支払うロイヤリティが高額で、人件費を差し引くと残らないというオーナーもいます。

さらにはその会社が何か不祥事を起こしてしまえば共倒れとなるリスクがあり、自分自身に非が無くても経営はがた落ちです。

サシェ

どうしても自分やりたいようにと考えるのであれば個人での居酒屋経営をオススメで、安定を求めるのならフランチャイズです。

スポンサーリンク

コメント

コメントする

目次
閉じる