フランチャイズのカフェを経営する

フランチャイズのカフェ

少しでも安定したカフェ経営を行なうために、フランチャイズに加盟するという方法もあります。

人気のあるフランチャイズカフェは、大手のスターバックスコーヒーをはじめ、銀座シャノアール、タリーズコーヒー、ドトールなどがありますが、どれも、一度は利用したり名前を聞いたことのあるお店ばかりだと思います。

フランチャイズに加盟すると、ロイヤルティーを支払う代わりに、たくさんの経営メリットが得られます。

スポンサーリンク

カフェの安定経営に役立つさまざまな情報を教えてくれるほか、商品の仕入れルートを開拓する必要がないこと、経営指導を受けられることなど、サポート体制が整っているので何かと安心です。

フランチャイズに必要な費用

フランチャイズに加盟するためには、加盟料、商品保証料が必要です。

そのほか加盟店であることを明確にするため、内装や制服を変えますので、その分の費用も必要です。

加盟費用は、およそ700~800万円くらいだそうです。

また電気工事費などが発生する場合もあり、加盟する企業によっても費用は異なってきます。

加盟料として多くの資金が事前に必要になりますが、安定した収益が期待できるので、カフェの経営が初めての人にはおすすめの経営スタイルです。