お金のこと記事一覧

カフェを経営するためには、費用がいろいろとかかります。今回は、開業資金についてご説明させていただきます。開業資金には店の家賃などの店舗取得費、内装費用、コーヒーサーバーや食器類の費用、宣伝費、カフェ開業に必要な届出のための費用、店内BGM用の音響設備費などがあります。

初めて商売をする人が心配なのは、経理の管理でしょう。経理には専門知識が必要ですし、素人には分かりにくいことが多いものです。ですから、経理面を税理士や会計士に任せる経営者も少なくありません。

カフェを運営するための必要経費について考えてみましょう。カフェの経営について素人のうちは、開業資金にばかり目が行きがちですが、実際にカフェを運営するための資金には、固定費と変動費の2種類の費用が発生します。店舗の家賃やスタッフの人件費、レンタルしている機器があればレンタル料など、毎月同じ金額を支払うものが固定費です。

カフェを開業するためには資金が必要です。インターネットのショップのように無店舗経営であれば、資金は50万円程度あれば良いとも言われています。しかし、カフェはそのような経営は不可能なため、実店舗を構えなければいけません。

カフェの経営を始めると様々なコストが発生します。カフェは売り上げが全てではなく、いかに利益を出すか考えることが重要なのです。例え売り上げがアップしても、コストが上回ってしまうと当然赤字になります。

TOPへ