MENU

カフェ経営の短所

長所の多いカフェ経営ですが、反対にデメリットもあるはずです。

 

そのことも理解しておくと、実際に経営をして壁にぶつかったときに役に立つでしょう。

 

どんな商売も同じですが、カフェオーナーは、利益を出し安定した経営を行えるための、たゆまぬ努力が必要です。

スポンサーリンク

カフェ経営のデメリットは、失敗すれば資産を失うことです。

 

開業資金はいうまでもなく、営業して手に入れるはずの収入が一切なくなってしまいます。

 

自分の生活を支えていたカフェの収入が途絶えれば、人生設計に大きなダメージを受けるでしょう。

カフェ経営は多くの苦労が伴う

融資を受けて開業資金の準備をした人は、カフェ経営が行き詰まると返済も困難になります。

 

融資側は経営計画が甘かったと判断され、次回からの融資を受けることが難しくなるでしょう。

 

さらにカフェ経営の失敗は、人からの信頼も失います。

 

開店から築いてきた人脈が、経営難を理由に失われてしまうことも考えられます。

 

経営に関するデメリットとしては、普通の会社員のように週末や祝日に休みを取りにくい点が挙げられるでしょう。

 

立地場所にもよりますが、週末や祝日は来客が多くカフェの稼ぎ時です。

 

旅行などで長期休暇を取ることも客足を遠ざける原因になりますので避けたいものです。

 

この他にもカフェのオリジナルとして作成した商品が不良在庫になったり、スタッフ同士のトラブルなど人間関係で頭を痛めることもあります。

 

楽しいカフェ経営ですが反面、事業を成功させるためにはさまざまな苦労が伴うでしょう。