MENU

カフェを開業するための資格

カフェを経営するために必要な資格、持っていると心強い資格をご紹介します。

 

必要な資格で代表的なのが調理師免許です。

 

飲食店勤務の際に必要になることが多く、将来のカフェ経営に備えて独学で資格を得た人もたくさんいることでしょう。

スポンサーリンク

調理師免許を持っていなくても、食品衛生責任者の資格さえあればカフェを開業することができます。

 

食品衛生責任者の資格は保健所などの講習会に参加すれば取得できるので、調理師免許の勉強をする時間が取れないようなら、この資格だけでも取っておきましょう。

カフェ開業に必要な届出

それから、カフェ経営には届出が必要です。

 

地区の保健所に営業許可申請を出してください。

 

届出には、調理師免許か食品衛生責任者の資格証明書に、調理設備の平面図を書いた営業設備の配置図・大要、水質検査成績証明書が必要です。

 

申請すると保健所が、カフェ経営のための環境が充分に整えられているかどうかを調べます。

 

このチェックに合格したら、営業許可がおりますので、待望の開業です。

 

このときに、税務署に開業届を提出するのも忘れないようにしましょう。

 

それから深夜12時以降にアルコールを出すなら、深夜酒類提供飲食店営業の届出を警察署に出さなければいけません。

 

しかしカフェ経営で一番大切なのはコーヒーや紅茶の味です。

 

コーヒーのエキスパートであるバリスタの資格や、紅茶コーディネーター、ティーインストラクターといった資格があると店の評価が格段に上がるので、ぜひ取得しましょう。