MENU

食材の仕入れルートの確保

カフェで料理を提供するためには食材が必要です。

 

ある程度メニューが決まったら、食材の仕入れルートを決めましょう。

 

仕入れのルートを確保する手段はいくつかのパターンが考えられますが、それぞれ長所と短所があります。

スポンサーリンク

料理の原価にも関わってきますので、時間を掛けて検討してみましょう。

 

食材の仕入れルートですが、農家や市場から仕入れる方法、専門業者の利用、スーパーの3通りが主な手段になります。

 

農家から直接仕入れる方法では、新鮮な野菜と果物を提供できるメリットがあります。

 

直接仕入れとなるので、無駄なコストが掛からない方法になります。

 

市場から仕入れる方法も鮮度とコスト面では非常に有利ですが、コネが無ければ利用が難しい側面もあり、利用できる方は限られてしまいます。

 

農家から仕入れる場合も同様で、知人や友人などのツテがなければ難しいと言えます。

 

農家を見つけても交渉で躓く可能性があります。

カフェに最適なルートを選択する

食材の仕入れ専門業者は無数にあり、最も手軽に仕入れルートを確保できます。

 

野菜や魚、肉などの他にも、業者によっては各種加工品を取り扱っています。

 

希望する食材を希望する分量だけ仕入れることが可能で、店舗まで直接届けてくれるのが強みです。

 

すでにカットされた野菜など利用し、調理の手間を省くこともできるでしょう。

 

ただし、あくまで卸業者のためマージンが発生し、コスト面では不利になります。

 

場合によっては、大量発注で仕入れコストを減らす工夫が必要でしょう。

 

見本市へ行けば業者を簡単に探せます。

 

小さなカフェであれば、近くのスーパーを仕入先として活用する方法も考えられます。

 

必要な量だけ手軽に仕入れることが可能で、食材の廃棄ロスを減らせるのが強みです。

 

その反面、スーパーによって品揃えが変わってしまうのが欠点で、提供できるメニューに限度が出てきてしまいます。

 

専門業者と併用して必要な物だけスーパーで揃えるようにするか、食材が不足した時の最終手段として活用するのも良いでしょう。