MENU

独立開業を成功させる方法

独立開業というのは、その名の通り、独立して会社や店舗を運営することを指し、自らが運営する行為を指します。

 

社員として勤めるのではなく、自身が社長になって経営していくというのが、独立開業の醍醐味です。

 

独立開業と一口に言っても、業種は多種多様で、様々な選択できる業種が沢山あります。

スポンサーリンク

たとえば、飲食業では、ラーメン屋、カフェ、居酒屋、定食屋などがあり、小売販売では、アパレルショップ、雑貨屋などで独立開業できます。

 

また、サービス業では、エステサロン、マッサージ店、塾などで独立開業することができます。

 

一般企業においては、ブライダル業、不動産業、IT通信業などで、独立開業することが可能です。

 

選択する業種によって、独立開業する場合、運営の方法も店舗も、雇う人員も変化するので、緻密な計算が求められます。

 

独立開業する場合、どの業種であっても、ある程度の定石や必要費用の相場というものを把握しておかなくてはなりません。

 

事前の情報収集とノウハウの蓄積は独立開業するには必須で、業種選びをする時は、慎重にならないといけません。

経験を活かすことが大事

業種選びは、独立開業が成功するか否かの大きな別れ道になるので、自分に合った業種を選ぶ必要があります。

 

自身の性格や経験、知識、資金などを総合的に考慮しながら、最適だと思える業種を選んで独立開業の計画を立てて行かないといけません。

 

経験を活かすことが大事で、独立開業するに当たっては、様々な業務が必要になるので、経験が物を言います。

 

それまでの経験を活かせる業務なら、独立開業しても、成功する確率は高いと言えるかもしれません。

 

事業のノウハウを学ぶため、独立開業する前には、スクールなどを利用することもポイントになります。

 

独立開業する場合、フランチャイズに加盟するという手もあり、経験やノウハウが必要なく独立できます。

 

但し、この場合、独立開業するに当たり、多額の資金が必要になり、価格の変更ができません。

 

独立開業する場合、業種によって、許認可が必要になることもあるので、注意しないといけません。

 

業種によっては国の許認可が必要なものもあり、その場合、独立開業の際、届け出、許可、免許が必要になります。

 

個人事業か法人事業かも大事で、独立開業で個人事業を選ぶか、法人事業を選ぶかは、事業の性格や将来に対するビジョンで変わります。

 

自分がやりたいことをやりたいスタイルでできる独立開業はとても魅力的で、自分が企業の主になることができます。