コストを把握しておきましょう

収支のバランス

カフェの経営を始めると様々なコストが発生します。

カフェは売り上げが全てではなく、いかに利益を出すか考えることが重要なのです。

例え売り上げがアップしても、コストが上回ってしまうと当然赤字になります。

利益の計算方法ですが、売り上げから仕入れ原価を差し引いたものが粗利で、更に粗利から各種コストを引いた金額が最終的な利益です。

これがプラスとマイナスどちらかによって、黒字か赤字か決まります。

開業前からしっかり意識しておきましょう。

仕入れ原価とコストは別物と考ることが大切です。

帳簿を付ける際も、基本的に原価は別として考えることになります。

カフェで言う原価とは食材のことです。

メニューの料金を決める際は原価を元に決定します。

例えば原価が600円、料金が1,000円の場合、一つ売れるごとに400円の粗利が確保できます。

開業後に発生するコストを意識しよう

ただし、料金を決める時には様々なコストを考慮しなければいけません。

カフェの開業時に発生するコストはほとんどありません。

しかし開業後は人件費や光熱費、広告宣伝費、そして雑費が発生します。

人件費はアルバイトを雇う場合だけでなく、知人や友人にお店を手伝ってもらったときなど、一時的に人を雇った際も必要です。

光熱費は電気代やガス代、水道代が該当しますが、お店の営業時間や規模によって大きく変わります。

最低でも毎月数万円は掛かるので注意しておきましょう。

人件費や光熱費はコストの中でも大きな割合を占めます。

毎月のコストの半分以上がこの2つで占めることも少なくありませんが、節約しにくいのが欠点です。

その代わり、比較的抑えやすいコストは広告宣伝費と雑費になります。

広告宣伝費は、カフェの広告を掲載したり、ラジオでCMを流した場合などに発生するコストです。

開業前には大きな負担になりますが、経営が軌道に乗れば広告を掲載する機会も減り、自然と比率が低くなっていきます。

雑費はプリンタのインクや用紙代、ボールペンなどの文具代です。

一つ一つは金額が小さくとも、全体では大きな割合になることがありますので注意しましょう。