MENU

カフェ経営、夢と現実のギャップ

カフェ経営の夢を叶えるために努力するのは、素晴らしいことです。

 

どのようなインテリアにするのか、どんなメニューでお客さんを喜ばせようか、食器はどこのものを使おうか、BGMには何を流せばいいか……将来のカフェをあれこれ思い描いて、夢を抱いている人がたくさんいらっしゃると思います。

スポンサーリンク

カフェの経営は今、人気の高い職業なので、メディアにもよく取り上げられ、有名カフェを見て自分もあんなお店を持ちたいと憧れる人が、益々増えています。

 

素人からみると華やかなカフェ経営ですが、商売には苦労が付きものです。

 

流行の職業なので競争が非常に激しく、冷静な判断力やカフェの集客力を上げるための絶え間ない努力が要求されます。

カフェ開業時の経営計画が重要

カフェ経営の夢を漠然と描くだけではなく、現実をしっかりみつめて綿密な経営計画を立てておかなければ、夢を叶えることは難しいでしょう。

 

理想を描くのは楽しく、簡単です。

 

けれども、実際の計画を実行していくと壁にぶち当たることも多く、一つ一つ障害を取り除いていく根性が必要になります。

 

カフェ経営の失敗談で一番多いのが、「開業してはりきっていたのに、お客さんが全然こなかった」、「経営資金が足りなくなって、営業を続けられなくなった」というものです。

 

これは理想を追いすぎて、ビジネスに必要な冷静に現実を把握する能力を磨かなかったことが原因です。

 

カフェ経営を成功させるためには、入念な準備と相当の覚悟が必要です。

 

開業後のカフェオーナーの姿をどのようなものに思い描いていらっしゃいますか?

 

美味しいコーヒーを淹れてくれる優しいオーナーといった姿だけを想像しているのでは、あまりにも一面的です。

 

接客のときに見せる穏やかな表情とは別に、経営者としての冷静な顔も持たなければなりません。

 

カフェは商売です。

 

開業したら利益を出し、経営を持続させる努力を怠ることは許されないのです。