MENU

カフェ開業の資金を確保する方法

カフェを開業するためには資金が必要です。

 

インターネットのショップのように無店舗経営であれば、資金は50万円程度あれば良いとも言われています。

 

しかし、カフェはそのような経営は不可能なため、実店舗を構えなければいけません。

スポンサーリンク

開業に当たってやるべきことは非常に多く、その度にまとまった額のお金が必要になります。

 

カフェ開業をするなら、事業資金の確保も検討しなければいけないのです。

 

まず思い浮かぶのは自己資金でしょう。

 

開業するまでに自分でコツコツ貯めたお金のことを言います。

 

自己資金0円で開業することも不可能ではありませんが、その分リスクを求められます。

 

通常はある程度自己資金を確保してからカフェ開業を検討することになります。

 

ただ、自己資金だけではすぐ限界が来てしまいますので、他の手段で事業用のお金を借りることも一般的です。

金融機関や自治体の制度を活用する

他の手段ですが、いつも利用している金融機関に借りる方法があります。

 

例えば銀行や信用金庫など、民間の金融機関です。

 

ほとんどの金融機関は事業用ローンを用意しており、借り入れのための相談にも乗ってくれます。

 

借りられる額は様々で、数百万まとめて借りられる場合もあれば、自己資金の額が限度の場合もあります。

 

また、借り入れるためには審査が必要で、時間が掛かったり審査が通りにくい点などがデメリットです。

 

ただし対応は金融機関によって異なりますので、一度相談してみると良いでしょう。

 

もう一つが、地域の商工会議所や自治体の制度を利用する方法です。

 

各地域には商工会議所が存在しており、新規事業者向けに貸付を行っていることがあります。

 

金融機関ほど審査は厳しくありませんが、借り入れ限度額は低く設定している商工会議所もあるので注意が必要です。

 

自治体の場合は様々な制度があります。

 

特定の内容を満たしたり審査に合格すれば、金融機関より有利な条件で事業資金を借り入れられます。

 

しかし、自治体により制度そのものが存在しないこともあります。

 

必ず問い合わせましょう。