【2018年】カフェ開業のための事業計画書

創業計画書

カフェを開業したい方や、現在検討中の方は、事業計画書を作ることが大切です。

カフェの開業はあくまでもビジネスであり、無計画のまま進めてしまっては失敗するおそれがあります。

思いつきで進めてしまう方も時折いますが、通常は事業計画書に基づいて開業準備や経営を行っていきます。

重要度は非常に高い

コンセプトがお店の方向性を決めるのであれば、事業計画書は経営に関わる部分を決定付けます。

コンセプトと同様にお店の根幹を担う役割を持っており、重要度は非常に高いのです。

開業資金と事業計画書の関係

事業計画書は金融機関から資金を借り入れる際にも利用します。

個人でローンを利用する場合、収入を証明する書類が必要になります。

これは返済能力があるか金融機関が確認するためで、難しいと判断された場合は借り入れができないこともあります。

カフェ開業の際は事業者としてお金を借りることになりますが、返済能力証明の他にはお店に関する情報が必要です。

事業計画書で金融機関にアピールする

例えば1日あたりの目標客数や客単価、想定する店舗の集客力などを金融機関にアピールしなければいけません。

その役割を担うのが事業計画書です。

開業時の資金は一千万を超えることも珍しくありませんが、事業計画書無しでは借り入れ金額も少なくなってしまいます。

事業計画書のダウンロード

各種書式ダウンロード|国民生活事業|日本政策金融公庫