MENU

カフェとベーカーリーを同時経営する

人気のカフェスタイルに、ベーカリーを併設したカフェがあります。

 

カフェベーカリーとも呼ばれ、若い女性はもちろんのこと会社員、学校帰りの学生まで幅広い層の来客で賑わいます。

 

ベーカリーにはランチに最適のサンドイッチや調理パン、アフタヌーンティにピッタリのブラウニーやスコーンなど、思わず手が出るパンやスイーツが並んでいます。

スポンサーリンク

カフェとベーカリーを同時に経営するのは大変そうですね。

 

けれどもやり方を工夫すれば、意外と無理なく経営を両立させることができるのです。

カフェベーカリー経営のポイント

カフェ部門とベーカリー部門は分けて経営しているケースが多く、カフェ部門だけ自分で運営し、ベーカリーは外部に委託して店頭に並べるだけといった方法もあります。

 

カフェベーカリーは手早く軽食を取りたいときによく利用されますから、立地は駅前のような人通りの多い場所が最適ですが、オフィス街や学生街なども需要が多くお勧めです。

 

素早く食事を済ませることを目的に来店するお客さんを待たせないために、接客にはスピードが要求されます。

 

テイクアウトができるカフェが大半で、長居するお客さんが少ないこと、フランチャイズ形式のお店が多いのが特徴です。

 

しかし、おいしい手作りのパンと丁寧に淹れたこだわりのコーヒーを提供する経営スタイルのオーナーも多く、自分が描く経営方針に合わせたスタイルでカフェベーカリーを運営しているお店が、人気を集めているようです。