MENU

フランチャイズとは

フランチャイズ(FC)というのは、フランチャイザーが一定条件でフランチャイジーに営業権を与えるという意味があります。

 

対価としてロイヤリティを受け取る契約形態がフランチャイズであり、これにより、運営してきます。

 

フランチャイズは、英語の単語がそのまま日本語として使用されていて、人と会社などに特権を与えることを意味しています。

スポンサーリンク

日本においては、プロ野球やサッカーチームの本拠地や興行権といった意味でフランチャイズはよく利用されています。

 

フランチャイズビジネスは、アメリカで開発されたもので、その後、日本にも普及しています。

フランチャイズの仕組み

特権を与える者をフランチャイザーといい、日本においては、フランチャイズビジネスを運営する企業を指します。

 

本部や本部企業などと呼ばれているもので、特権を与えられる者をフランチャイジーといい、フランチャイズを支えます。

 

加盟店や加盟者などがそれに該当します。

 

独立開業したい人と会社を運営するノウハウを持っている企業との間で結ばれる契約がフランチャイズの意味になります。

 

加盟店は加盟金やロイヤルティーを本部に支払うことで、フランチャイズビジネスを立ち上げることができるのです。

 

本部は、一緒に働いてくれる加盟店を集めることで、大きなフランチャイズを展開することができるのです。

 

フランチャイズを契約すると、儲けの出るノウハウや、秘伝のレシピなどを教えてくれます。

 

看板まで全てをレンタルできるのがフランチャイズのメリットで、経験も知識もなにもない人でもできます。

 

すべてマニュアル化されているのがフランチャイズなので、カンタンにだれでもビジネスを立ち上げることができます。

 

画期的なシステムがフランチャイズには構築されていて、そのノウハウを提供する本部に対して、対価として加盟金とロイヤリティを払います。

 

フランチャイズ加盟金というのは、一時金として払う契約料で、 ロイヤリティは月の売上の数%を支払うものです。

 

ロイヤリティを払うだけで売れ筋商品を取り扱えるのがフランチャイズの最大のメリットといえるかもしれません。