MENU

カフェの集客カフェ経営の重要な集客ついて

カフェを開業する場合、最初に直面するる壁は集客です。

 

集客がなければ、カフェを運営することは難しく、経営が困難となり、最終的には閉店に追い込まれます。

 

そのくらいカフェにとって集客は大事で、テレビでの新店舗のオープンの舞台裏では、集客に躍起となる場面がよく見受けられます。

スポンサーリンク

イタリアンレストランなどのカフェは、特に集客が難しく、お店の立地条件がよくないと、集客はおぼつきません。

 

商店街というよりも住宅街の場合、カフェの集客は困難で、人通り自体が少ないと最悪の事態になります。

 

カフェで集客を考えるなら、最初に、オープンに向けてチラシを配ったりして、準備万端にしないといけません。

集客を安易に考えていると失敗する

ただ、そうした配慮をしてカフェのオープンの日を迎えたとしても、待てど暮らせどお客さんがやってこないことがよくあります。

 

カフェの経営というのは、実際難しく、うまく集客を図っていかないと、まったくお客様がやってこないという事態に陥ります。

 

慌ててお店の前でチラシなどを配って宣伝をはじめたとしても、カフェにはお客はやってきません。

 

食事場所を決めかねていた二人組みがやっとお店に入ってくるぐらいで、それではカフェの経営はなりたちません。

 

カフェをオープンすると最初の頃は物珍しさで、お店の前を通る人が足をとめて来店してくれますが、長くは続きません。

 

結局、売上は想定していた売上に到底及ばないものになり、数か月後には、カフェを閉めることを余儀なくされます。

 

こうしたケースはよくあり、オープン以来ほとんど集客がなく、オープンから数ヶ月で閉店するカフェはたくさんあります。

 

カフェの集客は、事前にしっかり対策を練っておかないと、せっかく夢を実現しても、後の祭りになってしまいます。

 

せっかく自分のお店を持ったのに、カフェを手放さなくてはいけないのは、とても悲しいことです。

 

飲食店という商売は、簡単というイメージがあり、集客を考えずに、カフェを見切り発車する人も少なくありません。

 

安易にカフェを開業して、味がよければ客はくると、タカをくくる人も多くいらっしゃいます。

 

そういう考えを持ってカフェを始めると、たいていは失敗するもので、集客が疎かになっています。

 

大事なのは、ネット集客で、カフェのような集客エリアが極めて限定される業種であっても、ネット集客は非常に大事になってきます。